みかんの白い筋の名前や効能、効率的な取り方は?取らないほうがよさそう

みかんの白い筋

こんにちは、NAEです。

ぼくはこの世に生を受けてから記憶のある期間はずっと、みかんの白い筋を丁寧にはがして食べる人生を歩んできました。

結婚してからもみかん好きな妻から何度も

なんでとるの?

なんでとるの?

ねえ、なんでとるの?

と問われ続けてきながら、かたくなに白い筋を取り除いてきました。

しかし、先ほどふと思い立って白い筋をはがさずにみかんを食べたんです。

・・・これ取る意味ないじゃん

今回はそんなお話。

みかんの白い筋とはなにものなのか?

そもそも、みかんの白い筋とはなにものなのか。

調べてみたところ、みかんの情報を専門的に扱うサイト「みかん辞典」を見つけたのでご紹介します。

参考 みかん辞典

運営しているのはおそらく、実在する和歌山のみかん農家である「池田鹿蔵みかん農園」さん。サイトに右上にポツンとリンクが置いてあるので間違いないかなあと。

【池田鹿蔵みかん農園】

農薬を減らし、有機肥料だけで育てた、有田みかん

池田鹿蔵みかん農園

やっぱり情報は一次ソースをあたらないとですよね。

白い筋の名前は「アルベド」

アルベド

柑橘類の果皮の内側にある、海綿状あるいは繊維状の白い部分。中果皮とも呼ばれる。

(出典:アルベド – みかん辞典

「アルベド」だそうです。

ちなみに上記ページでは日本語で「中果皮」と呼んでいますが、同じ「みかん辞典」の別のページでは

フラベド

フラベドとは、柑橘類の果皮の外側にある、だいだい色の部分。
みかんの皮は、フラベド(外果皮)とアルベド(内果皮)から構成されている。

(出典:フラベド – みかん辞典

内果皮とも言っております。

気になったので詳しい情報をさらに調べてみたところ、「デジタル大辞泉」によると

果実の外果皮と内果皮との間の部分。ミカンでは果皮の白い部分、梅では食用になる果肉の部分がこれ。

(出典:中果皮(チュウカヒ)とは – コトバンク

と少し定義が曖昧である一方、「五訂増補日本食品標準成分表資料」を参考文献としている「からだサポート研究所」では

果皮は外果皮(フラベド)と内果皮(アルベド)に分けられます。

(出典:柑橘(カンキツ)類とは – 機能性食品素材 – アークレイ – アークレイ

とされています。

中果皮って一体なにものなんだ?

気持ち悪いのでさらに厳密な定義を探してみたところ、こんな図解にあたりました。

みかんの断面図と部位の名前

(出典:春夏秋冬気になる季節の変わり目に・みかん・サプリメント・青ミカン・早摘みミカン・青みかんの奇跡【ヴィアノーベ(Vianove)】

こちらによれば

  • みかんのふさの弧の部分、外果皮に面している白い部分が「中果皮」
  • みかんのふさを囲う薄皮、白い筋を取り除いて残る部分が「内果皮(じょうのう膜)」

であるようです。

ちなみに「アルベド」はラテン語で「白さ」という意味だそうですよ。

参考 土曜はダメよ! ネーミングバンザイ

結論:面倒な人は「アルベド」と呼びましょう

ビタミンPや食物繊維が豊富

そんなアルベドですが、母が和歌山県のみかん農家の出身である妻いわく

食物繊維たくさんだよ

ということ。ガチで生の情報だから信頼性ハンパないです。

ちなみに先ほど紹介したサイト「みかん辞典」の運営者「池田鹿蔵みかん農園」も同じく和歌山のみかん農家ですね。ライバルですね。

そんなみかん辞典によると

アルベドには、ビタミンPが豊富。ビタミンPはポリフェノールの一種で、特にヘスペリジンがみかん由来のポリフェノールで健康維持のための栄養素として最近注目されている。

(出典:アルベド – みかん辞典

みかんの白い筋にはビタミンPが豊富に含まれていると。

みかんといえばビタミンCと思っていたんですが、Pもあるんですね。

みかんの白い筋の取り方のコツと裏ワザ

見れば見るほどお役立ちで食べないと損な気がしてくるみかんの白い筋「アルベド」。

しかしひとつひとつ丁寧にはがしていきたくなる見た目してますよね。全部取りたくなりますよね。

ぼくはアラサーになる今の今まで、みかんの白い筋を丁寧に取り除いてきました。

自分なりのコツがありますので紹介したいと思います。

手作業で効率的にはがすテクニック

みかんです。

みかん

裏返します。

裏返ったみかん

中心から親指を入れ、爪をみかんのふさのなるべく近くに滑りこませるように皮をむいていきます。

みかんの白い筋

この時点で白い筋の大部分は取れているはず。ヘタの部分はまだはぎません。

半分むかれたみかん

裏返します。

裏返ったみかん

ヘタの裏にあたる部分に親指の爪をひっかけるようにむきます。

白い筋がむかれているみかん

うまくいくと、ふさの表面のスジを何本か一網打尽にできます。

白い筋がペリペリしているみかん

ペリペリとはいでいきます。

白い筋がペリペリ伸びたみかん

みかんを2〜4つのふさに分けます。

2つにわかれたみかん

ヘタ側にスジの親玉のようなものがあるので

4分の1のみかん

ペリっとはがします。

白い筋が飛び出たみかん

丁寧に引っ張ると、立派な白い筋が取れます。

長くて白い筋がはがれたみかん

あとはふさを個別に分けて

ふさが個別に分割されたみかん

太い筋から順に個別撃破していけば完了です。

白い筋がきれいにはがれたみかん

これをふさの個数分、くり返します。

なげーよ

もうひとつの超効率的な方法

はてなブックマークで

「らせん状にむくとアルベドがキレイに取れる」

というコメントをいただきました。ありがとうございます!

http://b.hatena.ne.jp/entry/312703909/comment/zigzag1900

さっそく試してみたところ・・・

螺旋状に皮をむいてきれいになったみかん

本当にキレイにむけました!

皮をつなげることはできませんでしたが、ふさを個別撃破するよりはるかに早くキレイです。

裏ワザ的に一気にはがす方法

とはいえ手作業はめんどい!

指ににおいがついたり指先が黄色くなるのは嫌だ!

でも一瞬で全部はがしたい!

なんていうワガママさん向けに裏ワザを解説した動画も紹介おきますね。

【裏技】みかんの白いすじを簡単にとる方法【ビエボ】|便利裏技

  1. みかんを茹でる
  2. 冷水にさらして冷ます
  3. キレイにむける!

逆にめんどい

スポンサーリンク

みかんの白い筋を取らないことにした理由

そうなんです。白い筋を取るのは非常に繊細で手間のかかる作業なんです。

これまでみかんを食べるたび、ぼくはこの作業を繰り返してきました。

しかしふと思い立って白い筋を取らずにみかんを食べてみたんです。

取ったのと変わらん

はい。変わりませんでした。食べず嫌いと同じやつです。

というわけで取らない派に転向したので、ここからは白い筋を取るのがバカらしいと思った理由を述べていきたいと思います。

丁寧にはがしている時間がもったいない

先ほど手順をご説明した効率的な手段を使ってさえ、白い筋を取る作業は非常に時間がかかります。

さっきなんてブログ用に写真撮影しながらだったので15分くらいかかってしまいました。

撮影なしでも気の済むまで白い筋を取り除こうとするとみかん1個あたり3分くらいはかかると思います。長くないですか?

白い筋を取らなければ30秒で1個食べられますよ。実に1/6の時短です。

白い筋の取り回しや破片の片付けが面倒

むく時間がかかるだけではありません。むいた管状のアルベドが散らばらないような取り回しが必要です。

多くの人はむいた皮の上に置いておくことでしょう。しかしそれ、ひっくり返したら全部バラけちゃいますよ?

それだけではありません。白い筋は太い管状のものだけでなく、細かな粉状のものもひっついています。

全部取ろうとするとどうしても、手元に白い粉上のみかんのアルベドの残骸が散らばることになります。

片付けるのは、あなたです。時間も手間もかかります。面倒ですね。

自分のぶんのみかんがなくなる

そんなこんなしている間に、ほかの白い筋を取らない派の人間はガンガンみかんを頂戴していきます。

丁寧に白い筋をむいて「ピカピカきもちいい」と思っているあなたの6倍のスピードで、です。

やっとのことで1個食べ終わったときには、もう次のみかんはないかもしれません。

実際ぼくの妻は、ぼくが白い筋を一生懸命むいてる間に3個くらいはみかん食べてますからね。

アルベドの豊富な食物繊維やビタミンPを捨てることになる

知っていましたか?アルベドには食物繊維やビタミンPが豊富に含まれているんですよ?

そうだよ、たくさんなんだよ

筋を取っても取らなくても食感はあまり変わらない

本当に変わりませんから。

多少口の中で気になるように思えるかもしれませんが、気のせいです。

全てのことは自分次第。

視点や見方、受け取り方や解釈、つまり認知や思考回路を変えれば世界は180度変わるんですよ。

スポンサーリンク

まとめ:みかんの白い筋、今後はそのまま食べます

以上、みかんの白い筋「アルベド」を取らない派に転向したというお話でした。

これまで白い筋を取るのにかけていた時間を足しあわせたらどのくらいになるのだろう?

なんて考えてみましたが、今後白い筋を取るのに割く時間がゼロになると考えるとトータルでプラスになったので気にしないことにしました。

もちろん、白い筋をむく作業そのものがなんだか楽しいというのも理解しています。むいたほうが見た目もキレイですしね。

どこに価値を見出すか、時間の使い方はひとそれぞれ、ということで。

なんでとるの?

この記事が役に立ったら
いいね!をどうぞ

ブログで言えない話はTwitterにて
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントお待ちしてます

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク