マネー

現金払いはやっぱり不便!クレカを1日封印して改めて感じた面倒くささ

投稿日:

NO MORE ! 現金払い

普段ほぼクレカ払いなNAEです。

昨日、ひとつ実験をしてみました。

1日だけクレカを封印し、すべて現金払いにしたらどう感じるのか?

結論は、やっぱり現金払いは不便すぎ&面倒くさすぎです。

そこで今回は、普段クレカ払いオンリーのぼくが1日現金払いで過ごしてみて特に面倒だと感じたポイントを書いていきます。

スポンサーリンク

現金払いは財布の持ち歩きが面倒くさい

現金払いをするにはお金(財布)を持ち歩く必要があります。

が、財布の持ち歩きって面倒じゃないですか?

こういう薄い財布ならまだいいんです。ポケットに入るので。

しかし長財布ともなるとかさばってしょうがありません。

片手で長財布持ってランチに出かけるOL的なアレ、見栄えはともかく不便です。

ランチ食べるとき置き場に困りますよね長財布。

一方、クレカ払いならカード1枚あればOKです。身軽で便利ですよね。

現金払いはお金を出すのが面倒くさい

現金払いでは財布からお金を出す必要があり、面倒です。

支払金額に応じた適切な枚数の紙幣と小銭を、あの口の小さい財布の中を一生懸命探し回る。

これだけでも大概面倒なのに、小銭を減らす払い方をするとさらに面倒です。

10円玉2枚+5円玉1枚+1円玉3枚を、あの小さい小銭入れをかき回して探し出すんです。

ギリギリあるかな?と思ったら1円玉が1枚足りなくて結局1000円札で払うとか・・・

探す時間もったいなさすぎですよね。

一方、クレカ払いなら差し出すものは常にカード1枚。

支払金額と財布内の小銭状況を考慮する必要はありません。

判断ポイントが減って頭も楽ちんです。

現金払いは現金の受け渡しが面倒くさい

現金払いは現金の受け渡しも面倒です。

たとえば98円のお菓子を1万円札で買ったとします。

お釣りの9,000円、いちいち数えるのにつきあうの面倒じゃないですか?

「5、6、7、8、9千円と」

「おあと902円のお返しで・・・」チャリチャリーン

ほら、手渡しでミスって小銭ばらまいちゃいました。拾うの面倒じゃないですか?

こういうのがあるから現金払いは不便なんです。

ほかにもあります。

  • お釣りを渡すとき五千円札は千円札の上にあるべき下にあるべき?
  • 小銭はレシートの上に刺し身状に並べて出すべき?
  • お釣りの受け渡しは客の手を包み込むようにすべき?
  • その他もろもろ・・・

現金払いだからこそ、いろいろ面倒な宗教論が出てくるんです。

それが一切ないのがクレカ払いです。人生が少し気楽になると思いませんか?

現金払いは支払いが遅くて面倒くさい

現金払いは支払いが遅いのも面倒です。

現金の受け渡しで時間がかかるのはもちろんですが、これに加えて

  • 硬貨の種類で分けてレジに入れる
  • 釣り銭切れで10円玉のパックを開ける
  • 1万円札は札入れの下に入れる

など、レジ側のオペレーションも時間がかかるものばかり。

現金を出す側も受ける側も時間がかかる。それが現金払いです。

後ろに人が並んでいるならクレカ払いでさっさと決済を済ませる。

これでみんな少しずつ時短ができるんじゃないでしょうか。ポイントもたまりますし。

まとめ:脱・現金払いで時短しよう

以上、1日現金払いに戻してみてあらためて実感した不便なポイント4つでした。

もうクレカ払いオンリーにしようと決めたときにも感じましたが、特に理由がないのに現金払いにこだわるのは悪手です。

支払いのあらゆる側面でわざわざ不便を被るのは時間がもったいない。

脱・現金払いして、自分の時間を取り戻りましょう!

参考 ポイント還元率で選ぶクレジットカードランキング

おすすめ関連記事

-マネー

Copyright© NaeNote , 2017 All Rights Reserved.