naenote.net

捗るを極める、ガジェット×テック系ブログ

Google Pixel 2を日本で購入する4つの方法

投稿日:2017年10月21日 更新日:

2017年10月5日に発表、10月17日から出荷開始されたGoogleのスマホPixel 2

Googleが目指したベストなスマートフォンと言われる通り、確実にAndroid界のトップです。

日本での販売予定はないものの、欲しくて欲しくて我慢できなくなってきました。

買うかもしれないので購入方法をまとめておこうと思います。

→追記:買ったので、購入手順を追記しました

Google Pixel 2を買う前の確認事項

Google Pixel 2を買う前に、そもそもGoogle Pixel 2は日本で使えるか・使っていいのか、確認が必要です。

結論をいうと、自己責任の範疇で、ドコモ系orソフトバンク/ワイモバイル系回線で使うべし、です。

Pixel2は一部バンドのみ対応

Google Pixel 2のアンテナは、日本の電波周波数帯(バンド)に最適化されていません。

そのため、SIMカードは入るものの電波が届かなくて通信・通話品質が悪い…なんてことになりかねません。

そこで、手に入る範囲で各社回線の動作報告をかき集めてみました

回線系列事業者動作確認結果
ドコモ系IIJmio(タイプD)
mineo(Dプラン)
BIGLOBEモバイル
NifMo
au系mineo(Aプラン)×
SB/Y!系ソフトバンク
ワイモバイル

ただしPixel 2はドコモ系のプラチナバンドに非対応のため、地方や山間部では通信範囲・品質に影響が出るでしょう。

トラブルを避けるなら、動作確認報告の多いワイモバイル選ぶのが安全です。

詳しくは「Google Pixel 2が使えるキャリア回線・格安SIMの動作報告まとめ」にまとめています。

Pixel2は技適マーク未取得

Google Pixel 2は技適マークを取得していません。国内で使うと電波法違反です。

しかし調査したところ実際の取り締まりはゆるく、使ったら即摘発されるわけではなさそうです。

詳しくは「技適なしスマホは即摘発されるのか?公的機関の回答から実情を探る」にまとめています。

Google Pixel 2を日本で購入する4つの方法

  1. 販売国の通販で買って個人輸入
  2. 日本配送に対応した海外通販サイトで購入
  3. 日本のAmazonやYahooショッピングで購入
  4. その他日本の輸入販売業者から購入

それぞれの手順とメリット・デメリットを見ていきましょう。

1.販売国の通販で買って個人輸入

プレミア価格化や業者マージンが乗りにくいため、安さ優先の人におすすめの方法です。

たとえばPixel 2 64GBの場合、ほかの方法は10万円オーバーが普通ですが、この方法なら8万円台です

具体的な方法

買う国や利用する輸入方法によって手順は異なります。

ここでは最も手順が簡単な、USのGoogle Storeから個人輸入代行サービスEdfa3ly経由で買う例を説明します。

  1. Edfa3lyへ登録・ログインする
  2. 商品URLや詳細情報を入力する
  3. クーポンコードや支払情報を入力し、注文する

実際に注文した手順を下記記事にまとめました。当サイト限定の3000円引きクーポンコードを紹介しています。ぜひご利用ください。

メリット・デメリット

  • メリット
    • プレミア値段化の影響を受けにくい
    • 販売業者の中間マージンが乗りにくい
    • 商品URLがわかれば日本語で手続き可能
  • デメリット
    • 若干の手数料がかかる(販売業者マージンよりはるかに安い)
    • 出荷状況によっては届くまで時間がかかる

2.日本配送に対応した海外通販サイトで購入

通販サイトの在庫状況によっては数日で届くので、届く速さを優先する人におすすめの方法です。

ただし「転売」が多く、Pixel 2のような人気商品は高額で扱われやすいのがネックといえます。

具体的な方法

以下ページから購入します。

海外通販サイトの商品ページ

メリット・デメリット

  • メリット
    • 香港など日本に近い国、かつ在庫がある場合、到着までが早い
    • 一部サイトは日本語化されており、注文がしやすい
  • デメリット
    • プレミア化による価格高騰の影響を受けやすい(10万超えは普通)
    • 販売業者の中間マージンが上乗せされる(サイトによって値幅は異なる)

3.日本のAmazonやYahooショッピングで購入

「安い・早い」ならぬ「高い・遅い」のため、正直あまりおすすめできません。

「転売」のため価格が高騰しやすいうえ、在庫リスクを嫌がる業者は注文を受けてからGoogleストアに発注するため到着に時間がかかるからです。

特に日本のAmazonは、極端に高い値段での転売が横行しています(Pixel 2 128GBで13万円など)。

大量のAmazonポイントやTポイントが余っている人以外は、個人輸入や海外通販サイトを使うほうが賢明でしょう。

メモ

ただしYahooショッピングの場合、「ソフトバンクユーザは+9倍」「5のつく日は+4倍」「Yahoo!プレミアム会員は+4倍」「ワイジェイカード利用者は+2倍」「ストアポイント+1~15倍」など、Tポイントの倍率がすごいので、条件次第では一番お得です

具体的な方法

以下ページから購入します。

Yahooショッピング

メリット・デメリット

  • メリット
    • AmazonポイントやTポイントが使える
    • いつものサイトで買う安心感を得られる
    • Yahooショッピングの場合、大量のTポイント獲得が期待できる
  • デメリット
    • 販売業者の中間マージンが海外通販より高い
    • 注文を受けてから発注をかける等、到着まで時間がかかる場合がある

4.その他日本の輸入販売業者から購入

最後に、その他日本の輸入販売業者から購入する方法です。

どうしても実物を見てから購入を決めたい、特定の輸入販売業者に思い入れがある…など、こだわりがあるならこの方法もありですが、そのぶん高額なことが多いです。

具体的な方法

下記業者から購入します。

メリット・デメリット

  • メリット
    • 実物を見てから買える(イオシスの場合)
  • デメリット
    • 販売業者の中間マージンが高い(649ドルのPixel 2が11万超え等)

あえて初代Google Pixelを狙う手もある

Google Pixel 2の購入方法を紹介してきましたが、あえて初代Google Pixelを狙うのもありでしょう。

Pixel 2の発売にともない、お買い得なハイエンドスマホになりつつあるからです。

  • ドコモ系電波に全対応
  • 性能は依然、トップレベル
  • 型落ち化により、価格下落中

2018年2月20日現在、Etoren.comなら32GBモデルで4万円台とかなり値下がっているので、在庫があるうちにどうぞ。

その他購入方法は下記記事にまとめています。

まとめ

以上、日本でGoogle Pixel 2を購入する方法をまとめました。

初代Google Pixelが発表された2016年からずっと追いかけてきたGoogle Pixel。

ぼくのように、1年半以上待たされて、やきもきしている人も多いことでしょう。

最高のAndroidであるGoogle Pixel 2、手に入ったらどんな気分になるんでしょうか。

関連記事

-Google Pixel

Copyright© naenote.net , 2018 All Rights Reserved.