「捗る」を極める情報メディア

「捗る」を極める情報メディア『NaeNote』

技術雑記

検証!先鋭的アートに人工知能で勝負を挑んでみた

投稿日:2016年9月5日 更新日:

木の影からそっとのぞくおじさん

巷をにぎわすホビヲノエ人工知能で挑んでみました。

はたしてニューラルネットワークは先鋭的アートにかなうのでしょうか。

スポンサーリンク

先鋭的アートの代表:ホビヲノエとは

ホビヲノエとは、かわいいフリー素材イラストの総本山「いらすとや」に憧れたホビヲさんが立ち上げたフリー素材サイトです。

参考 かわいい無料イラスト素材集「ホビヲノエ」

InternetComというネットニュースサイトにもとりあげられネット界の先鋭アートとして注目を集めています。

ご本人による紹介記事はこちら。

参考 「いらすとや」に憧れて、無料イラスト素材集「ホビヲノエ」をはじめた - ホビヲログ

先鋭的すぎるホビヲノエに寄せられたコメント

そんなホビヲノエは「かわいい無料イラスト素材」と銘打たれています。

しかしご本人の紹介記事に寄せられたはてなブックマークコメントでは……

  • か、かわいい・・・のか
  • このかわいいはぜったい日本語じゃない
  • 悪魔を召喚するような記事を書くときに使いたい
  • 悪い夢を見たって内容の記事を書くときに使う
  • 凄まじい狂気を感じる
  • うわあああ!

ハッキリ言ってボコボコです。

ホビヲノエの価値が認められるために

では、どうすればホビヲノエの価値は認められるのでしょうか。

アートの価値は時間が醸す

先鋭的アートはその価値が認められるまでに時間がかかるもの。

たとえばゴッホ、ゴーギャン、カフカといったアート界の重鎮。

今こそ彼らの作品は高く評価されていますが、生前は全くといっていいほど評価されませんでした。

先に紹介したコメントはその証左と言えます。

先鋭アートの価値が認められるには歴史が必要なのです。

テクノロジーが時を超える

・・・というのは過去の話。今や時代が違います。

テクノロジーの発展がすさまじい現代、あらゆる分野においてディスラプションと呼ばれる創造的破壊が非連続的に繰り返されています。

テクノロジーは人の生活を一変させ、人の価値認識さえくつがえすほど強力な存在になりました。

先鋭的アートが認められるまで時間がかかる。そんな古い価値認識さえ、テクノロジーは超えてゆけるはずです。

先鋭的アート、ホビヲノエに人工知能で勝負を挑む

そこでひとつ、仮説を立てました。

ホビヲノエが最先端テクノロジーに勝てるなら、その価値は認められるのではないだろうか。

そこで両者から代表を選出し、戦わせてみました。

ホビヲノエ代表:のぞくおじさん

まずはホビヲノエから。

代表選手は、なみいる作品の中で最もセクシーでカラフル、かつインパクトあふれる木の影からそっとのぞくおじさんです。

木の影からそっとのぞくおじさん

木の陰からそっとのぞくおじさんの無料イラスト - かわいい無料イラスト素材集「ホビヲノエ」

選出理由はぼくの独断と偏見です。

最先端テクノロジー代表:人工知能(Prisma)

たちはだかるは最先端テクノロジー。

ここはあらゆる分野で最も注目されている人工知能(AI)をとりあげるのがこの勝負にふさわしいでしょう。

対戦相手が画像のため、代表選手としてニューラルネットワークと人工知能(AI)を利用した画像加工アプリPrismaを選出しました。

Prisma

Prisma
無料
posted with アプリーチ

勝敗の基準

Prismaの得意技は画像を芸術作品風に加工することです。

そのため、勝負は

  1. ホビヲノエにPrismaのエフェクトをかける
  2. 芸術作品風になった度合いで勝敗を決する

とするのがフェアでしょう。

Prismaには多数のアートエフェクトが準備されています。

そのひとつひとつについて、想定されている雰囲気にどれだけホビヲノエが近づいたかにより白黒つけていきたいと思います。

勝負!

第1試合、Prismaが送り出すのはDallasです。

サングラスをかけた金髪のお姉さま。これはかなりオシャレ。ツワモノです。

のぞくおじさんはどのように受けて立つのか。

結果はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホビヲノエの圧勝でしょう。

 

 

さて、第2試合。PrismaからはUrbanが登場です。

先ほどのDallasと違ってモノクロームでアーキテクチャな雰囲気です。

実はぼくのプロフィール画像も実写写真にUrbanを含めたエフェクトをかけあわせて似顔絵っぽくしています。そのためこの勝負、個人的にはPrismaに勝ってほしいところ。

さてその結果は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角ばった雰囲気をホビヲノエは完全に亡き者にしています。

Prismaが勝てる気がしなくなってきました。

 

こうなったら、もっと強力なエフェクトに登場してもらう必要がありそうです。

その名はIllegal Beauty

美しすぎてずるい。違法レベルである。そんな名前のエフェクトです。

これならホビヲノエだってひとたまりも・・・

 

 

 

 

 

 

(やばい)

 

 

他にもあらゆるエフェクトを戦わせてみました。

サイバーかっこよさに全振りMax、Electric

 

世界に誇るKawaii文化の権化、Curly Hair

 

かの葛飾北斎の心を今に伝える、Wave

 

 

どうやら、ホビヲノエのインパクトと防御力の高さはワールドクラスのようです。

 

しかし、ただひとついい勝負をしたエフェクトがあります。

水平と垂直の絶妙な組み合わせ、ポップな色合いが特徴のMondrianです。

モチーフは、抽象画化の最先鋒であるピエド・モンドリアンです。

勝負の結果がこちら。

 

 

 

 

 

部分的ではありますが、輪郭が角ばって垂直水平というコンセプトに若干近づいているのがおわかりでしょうか。

いい勝負だったんです。しかしやはりホビヲノエの強烈なインパクトには勝てませんでした。

先鋭的アート vs 人工知能、勝負の結果

人工知能でもホビヲノエには勝てなかったよ・・・

まとめ:ホビヲノエの価値は示された

以上、ホビヲノエは人工知能に圧勝することの証明でした。

もはやホビヲノエのアートとしての価値が認められるのは時間の問題でしょう。

最後に、ホビヲさんの今後の活躍を祈願して本記事を終えたいと思います。

よく読まれている記事

-技術雑記

Copyright© 「捗る」を極める情報メディア『NaeNote』 , 2017 All Rights Reserved.