GUM Playを徹底レビュー!歯磨きをリアルタイム採点できるスマート歯ブラシでブラッシングを改善

シェアする

GUM PLAYを開けた写真

こんにちは、NAEです。

とうとう届きました、GUM Play!サンスターから発売されたスマート歯ブラシです。

さっそく、開封の儀~使用感レビューとともに、ブラッシングの採点をしてみたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GUM Playとは

GUM Playとは、歯磨きをリアルタイムで採点できる歯磨き用アタッチメントです。

生まれてこのかた30年以上、一度も虫歯をしたことのない歯磨きマニアの管理人としては買わないわけにはいきません。

参考 (予告)歯科医もビックリのぼくの歯磨きスキルをGUM PLAYで採点する – NaeNote

実際に届いたので、使い方や使い心地などを紹介していきたいと思います。

ようこそGUM Play!開封の儀

サンスターさんから届いたのはこちら。

GUM Playの本体、パンフレット、そしてアンケート景品のコラーゲンドリンクお試しセットです。

GUM PLAYパッケージ

本体のパッケージはこんな感じ。

GUM PLAYパッケージ接写

中にはGUMデンタル歯ブラシとアタッチメント、ボタン電池、そして説明書一式。

GUM PLAYを開けた写真

特に気取った感じはせず、キレイな電化製品といった感じの出で立ち。

初期セットアップ

さっそく組み立て&アプリ側の初期セットアップをしていきます。

といっても、やることは至って簡単なので10分もかかりません。

アタッチメントのセットアップ

まずはアタッチメントをセットします。
ラバーからアタッチメント本体を取り出し・・・

GUM PLAYアタッチメント

10円玉などを使って裏蓋を開けます。

10円玉で開ける

ボタン電池はプラスが上。ここ、間違えると動作しません。

GUM PLAYの底を開けたところ

蓋を閉じて、ラバーにスポっと押し込みまして、

GUM PLAYを歯ブラシに装着

完成です!なんて簡単。

GUM PLAY装着済の歯ブラシ

スマホアプリ側のセットアップ

さて、次はスマホ側のセットアップです。

アプリのインストール

まずはGUM Playのアプリをインストールします。アプリへのリンクはサンスターのGUM Play公式HPからどうぞ。

G・U・M PLAY|歯周病菌とたたかうサンスターG・U・M(ガム)|サンスター|SUNSTAR

なお、アプリはMouth Band、Mouth News、Mouth Monsterの3種類あります。ブラッシング採点はどのアプリからでもできるみたいですね。ぼくはMouth Bandを選びました。

そしてアプリを起動して、ガイダンスに従って進んでいきます。

え、歯磨き1回3分って短くない?(いつもダラダラ10分くらい磨いてる・・・)。

どうやらブラッシングする箇所ごとに採点がされる模様。場所別に得意不得意がわかるのはいいですね。

アカウント登録、プロフィール設定

次にメールアドレスを入力、仮登録から本登録を済ませ、プロフィールを設定します。

プロフィール画像ですが、ピンチすると拡大縮小回転が可能です。小さいサイズの画像を使いたい方はご注意を。僕はここで一瞬「?」となりました・・・。

アタッチメントとスマホのペアリング

アカウント登録が完了したら、次はアタッチメントとスマホのペアリングです。スマホでBluetoothをオンにしてから「アタッチメントを選ぶ」をタップして・・・

歯ブラシの柄の部分でアタッチメントをカチッと押します。すると緑のLEDが点灯点滅。

GUM PLAYの緑のライトが点灯

無事に識別されました。

GUM PLAYアプリ画面

元画面に戻りOKをタップしてLEDが3回点灯するのを確認すれば初期セットアップは完了!

GUM PLAYアプリ画面

ファミリーアカウントの登録もできますが一旦無視しました。

GUM PLAYアプリ画面

これにて初期セットアップはすべて完了です!

スポンサーリンク

初GUM Playでいざ採点&レビュー!

では、早速使ってみましょう。自分のブラッシングが数字で採点されるんです。ドキドキしますよね。

Mouth Bandを起動し、ホーム画面にて「SONG MODE」をタップします。

MOUTH BANDアプリ画面

Mouse Bandは、上手にブラッシングができたら演奏が盛り上がっていくという音ゲー的なアプリです。

曲はプリセット、もしくは自分のミュージックライブラリから選択可能。ぼくはとりあえず「聖者の行進」を選択してみました。

MOUTH BANDアプリ画面

いつも通り磨いてみた

カウントダウンが始まり、ブラッシングスタート!

画面に出てくる「次はここを磨いてね」の指示に従って、ブラッシングしていきます。

お?

MOUTH BANDプレイ画面

おお・・・?

MOUTH BANDプレイ画面

おおお?

MOUTH BANDプレイ画面

そして結果は・・・

MOUTH BANDプレイ画面

100点中81点でGoodをもらえました!

MOUTH BANDリザルト

点数が高い状態が続くとバンドの楽器が増えていき、演奏も派手になっていきます。

逆に点数が低くなるとブーイングとともに楽器が減り演奏も寂しいものに・・・。

演出は音ゲーに近いですね。「あ、頑張らなきゃ」感が掻き立てられます。

しかし81点とか中途半端な。。。その後、夜にもう一度磨いてみましたが、やっぱり結果は変わらず。

マウスログ画面

「マウスチェック」で改善点を探る

というわけで、リアルタイムで点数の見られる「マウスチェック」にて、改善ポイントを探ります。音ゲーでいえばフリーモード。

トップページの左上のマークから「マウスチェック」を選択。

MOUTH BANDアプリ画面

マウスチェックに入るとこんな画面。

上半分はブラッシングの波形。リアルタイムに歯ブラシの動きがとらえられ、可視化されます。ストロークの大きさやリズムの速さが一目瞭然。

そして、下部分にリアルタイムでの採点結果が表示されます。おそらく、ブラッシングの波形を解析し、歯科衛生士の方のデータと比較して類似度を判別しているものと思われます。

マウスチェック ブラッシングピッチ

さて、採点結果画面でスコアの低かった箇所を実際に磨きながら、スコアを高くできるように磨き方を調整していきます。

以下、たまたま取れた奇跡の100点。小刻みにテンポよく磨くと点数が高くなるようです。

小さいころ歯医者に「ブラシの先でくすぐるように優しくね」と言われたのを思い出しました。

マウスチェック ブラッシングピッチ

歯ブラシの先端を上手にコントロールするには、歯ブラシの持ち方や手首の角度、ひじの高さやわきの締め方など、さまざまな要素が絡むようで、一言で改善すると言っても結構練習が必要そうです。

そのガイダンスになるのがGUM Playである、ということなんでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ:GUMPlayはブラッシング練習に最適!

というわけで、GUM Playのレビューと使い方のご紹介でした。

使ってみて思ったことは・・・

  • 正しい磨き方をすれば歯磨きは3分でも十分(というか集中してやると3分以上もたない
  • 正しい磨き方を極めようとすると意外と腕が疲れる(小刻みに早く動かす必要あり)
  • なにより、リアルタイム採点が超楽しい!
  • でも具体的なブラッシングのTipsや改善ポイントをその場で表示してくれると嬉しいかも(これは別途まとめます)⇒こちらの記事にまとめました

5000円はちょっと値段が張る気もしますが、個人的には満足です。長く使えるといいなあ。

なお、80点は一応最高評価のGOODをもらえる水準なので、ぼくのブラッシングはかなり正しかったことが証明されたことになります。やったね!

ただ、ぼくの場合は奥歯を磨く時にストロークが雑に=大きく&遅くなりやすいみたいなので、改善していかなければ。

良い子のみんなは歯間ブラシも忘れずにね!

最後になりましたが、GUM Playの公式情報はGUM Play公式HPまで。

2016-11-21現在、公式HPで紹介されている入手ルートは以下のとおりです。

※2016-11-21追記:Amazon、ヨドバシで出品・販売されているようです

ヨドバシ.com – サンスター SUNSTAR G・U・M PLAY(ガムプレイ) [スマホ連動歯ブラシ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事

関連記事