Google Pixelの日本発売まだ?今すぐ買える方法まとめ

シェアする

Google Pixel超ほしい

Google Pixelの日本発売まだ?

2016年10月5日のGoogle Pixelの発表以来、日本での公式発売を待ち続けているNAEです。

ボロボロのNexus 5を使い続けているGoogleファンとしては、多少高くてもGoogle Pixelを使いたい。

しかしGoogle Pixelは、2017年6月7日時点で日本発売は未定のままです。

海外での発売開始以来、海外でのレビューや評判を眺めながら待ちわびていましたが…

参考 Google Pixelの海外レビューから見える、評価の高い点とイマイチな点

ガマンならん

どうしても今すぐGoogle Pixelを手に入れたい方もいると思います。

そこで今回は、Google Pixelを今すぐ購入する4つの方法と、その中でどれが最安値なのかをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本のAmazonやYahoo!ショッピングで購入する

1つ目は、日本のAmazonやYahoo!ショッピングで購入するという方法です。

個人輸入に不安がある方、即日配送で明日にでもGoogle Pixelがほしい方、AmazonギフトコードやTポイントを利用したい方はこの方法がおすすめ。

販売情報は以下のとおりです。

日本のAmazon販売情報
Yahoo!ショッピング販売情報

いずれもGoogleの公式販売ではなく、ショップが個別に輸入したものを販売しているものです。

そのためいずれも公式販売価格より高い値段設定になっています。特にAmazonのショップは10万超えとかなり強気。

一方、Yahoo!ショッピングでは8万円台後半と比較的良心的なお値段で出ているときもあるようです。そのタイミングで各種特典を利用すれば8万円前半で買うこともできます。詳しくはリンク先をご確認ください。

ちなみにWelte(ヴェルテ)という日本の通販サイトでもGoogle Pixelグローバル版の輸入販売を行っています。

参考 Google社製スマートフォン「Pixel」/「Pixel XL」グローバル版 – ヴェルテ

ただし価格はかなり強気の11万超え。正直、ここで買う必要はないと思います。

日本配送可能な海外通販サイトで購入する

2つ目が、日本配送に対応している海外通販サイトで購入する方法。

海外通販サイトに抵抗がない、もしくは過去に利用されたことがある方にはこの方法がおすすめ。

扱っている型番(北米/グローバル)や在庫状況については各サイトをご確認ください。

海外通販サイトの販売情報

値段はタイミングによって変動があるようですが、全体として日本のAmazonほど高値にはなっていません。

日本への輸送料や関税、為替などを差し引いて考えると、この中ではEtoren.comDX.comが最安値争いをしていることが多いです。

日本国内の輸入販売店で購入する

3つ目が、日本国内の輸入販売店で購入する方法。

店舗で実物を見てからの購入にこだわる方にはこれがおすすめ。

イオシス アキバ中央通店(東京・秋葉原)にて、Google Pixel / XLが時たま入荷されている模様です。

参考 アキバ総研AKIBA PC Hotline!ASCII.jp

北米版かグローバル版かは入荷状況によって異なり、また入荷とほぼ同時に完売してしまうそう。

最新情報はイオシス アキバ中央通店までお問い合わせください。

ただし価格はいずれも10万超えです。

販売国のGoogleストアで購入し個人輸入する

最後に、Google Pixel販売国のGoogleストアで購入し、個人輸入サービスを経由して手に入れる方法です。

VPNや輸入代行サービスを利用した経験がある、英語慣れしているなど、海外通販サイトのコアな使い方に精通した人はこちらがおすすめ。

アメリカの場合の手順は以下の通りです。

  • 個人輸入代行サービスに登録する
  • アメリカに接続拠点のあるVPNサービスに登録する
  • アメリカのVPN拠点を経由し、アメリカのGoogleストアにアクセスする
  • 個人輸入代行サービスの指定する宛先を発送先として指定し、購入する

VPNが必要な理由は、日本国内からのアクセスが自動的に日本のGoogleストアに飛ばされてしまうから。接続元IPで振り分けられているようなので、セカイVPNなどアメリカのIPを持つVPN拠を経由してアクセスする必要があるんです。

個人輸入代行サービスはスピアネットがおすすめです。ぼくも過去に利用しましたがちゃんと届きましたし、配送状況がネットで確認できて便利でした。

スポンサーリンク

Google Pixelを最も安く購入する方法

紹介した4つの方法の中でGoogle Pixelを最も安く(=定価に近い価格で)購入できるのは、販売国のGoogleストアで購入し個人輸入するです。

なぜなら、国内・海外問わず本家Googleストア以外で売っているものは、品薄によるプレミア価格や輸入など業者のマージンなどが上乗せされているから。

それらをできる限り低くするのが定価に近い安値で手に入れるキモです。

参考までに、かかる費目は以下のとおり。

  • Google Pixel / XL本体価格
  • 海外VPN利用料
  • 販売国内送料(Googleストア→輸入代行業者)
  • 輸入代行サービス利用料(輸入代行業者→自分)
    • 関税等の諸経費
    • 日本国内送料
  • 為替による上乗せ

いろいろありますが、本体価格以外の費目は全部足しても1万円はいかないでしょう。

参考までに、ぼくが以前スピアネットでアメリカから個人輸入した際は、

  • 販売国内送料:15ドル
  • 輸入代行サービス利用料:35ドル(飛行機便)、10ドル(船便)

でした。ちなみに船便の場合、到着まで2週間程度かかります。

※2017-06-07追記

海外通販サイトでのGoogle Pixelの取扱価格が下落し始めました。

これまで9.5万円程度だったところが、輸入消費税や関税、送料込みで8万円程度で購入可能になっています。

参考 Etoren.com / DX.com

上で紹介した方法で手間と時間をかけて無理にマージンを圧縮しにかかるより、素直に海外通販サイトで買うほうが早いかもしれません。

Google Pixelの技適取得情報はなし

日本未発売のスマホを買うとなると、外せないのが電波の話です。

Google Pixel自体はナノSIMに対応、ドコモ等のLTE電波をつかむアンテナを搭載しているため、技術的には日本でも利用可能です。

しかし2017年6月7日時点で、Google Pixelが技適を取得したという情報はありません。そのため格安SIMやモバイルWiFiを含め、使うと電波法に抵触する可能性があります。

それでも自己責任でいいから、Google Pixelを日本国内で使いたいという方のみ、購入をご検討ください。

スポンサーリンク

まとめ:はやくきてくれGoogle Pixel

以上、日本未発売のGoogle Pixelを今すぐ安く購入する方法をお送りしました。

個人的には値段が高い意外のデメリットは気になりませんので、早く日本で公式販売してほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事

関連記事

コメント

  1. 通りすがり より:

    > それでもなおGoogle Pixel / XLを日本国内で使いたいというならモバイルWiFiで運用する必要があります
    これも違法では…?

  2. NAE より:

    通りすがりさん
    コメントありがとうございます。
    総務省のページをあらためて確認したところ、ご指摘のとおりでした。
    記事内容を修正いたしました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  3. dirablue より:

    レビューのツッコミが面白いですね

  4. NAE より:

    ディラ (id:dirablue) さん
    コメントありがとうございます。
    どうしても感想を入れたくて、ツッコんでみました!

  5. 名無しさん より:

    大変参考になりました!
    日本で発売されたらiPhoneから乗り換えるのになー…と思ってジトジトしてたんですが、評判を見る限りまだその必要はなさそうですね。

  6. NAE より:

    名無しさん
    コメントありがとうございます。
    ベンチマークされる側としての地位が確立されていますからね・・・
    iPhone強し、です。

  7. ななし より:

    参考になりました!
    まだNexus5で頑張ってますが、Pixel2も怪しいし繋ぎを買うべきか…悩みどころですね。

    • NAE より:

      ななしさん
      コメントありがとうございます!
      おっしゃるとおりPixel2の日本上陸もあくまで噂レベルなんですよね…
      ぼくはNexus 5のカメラが故障してどうしても直せなかったので、Huawei nova liteを買ってしまいました(子供の写真や動画が撮れないのはちょっと…)