Google Pixelの日本発売日はいつ?未定の理由と今すぐ安く買う方法を紹介

Google Pixel超ほしい

Google Pixelの日本発売まだ!?

2016年10月5日のGoogle Pixelの発表以来、日本での公式発売を待ち続けているNAEです。

ボロボロのNexus 5を使い続けているGoogleファンとしては、ぜひ次のスマホはGoogle Pixelを使いたい。

多少高くても・・・!

Google PixelはNexusユーザとしては欲しすぎる!けど高いぞ
Google PixelはNexusユーザとしては欲しすぎる!けど高いぞ
Google Pixel / XLが発表されましたね。Nexus 5愛用者から見て、果たしてこれは買いなのか。

しかしGoogle Pixelは、2017年3月22日時点でいまだ日本発売は未定のままなんです。

なんでGoogle Pixelこないの・・・

そう思って海外レビューを眺めては待ちわびる日々。

日本未発売のGoogle Pixel / XL、海外での評判は?レビューまとめ
日本未発売のGoogle Pixel / XL、海外での評判は?レビューまとめ
Google Pixel / XLが海外で販売開始。ちなみに日本は発売時期未定。うらやましいのでレビューをまとめてみました。

あーもうガマンならん!

というわけで、今回はGoogle Pixelについて

  • 日本発売が未定である理由
  • 今すぐ安く購入する方法

をまとめてお送りしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Pixel / XLの日本発売日は未定

Google Pixelの日本での公式販売は「未定」です。

「残念ながら日本は発売国には含まれていません。しかしこれはローンチ時点の話で、それ以降は未定となっています」

(出典:Googleの新スマホPixel、日本発売は『現時点では未定』。なお製品ページは日本語化済み – Engadget 日本版

発表当初はアクセスできた日本語化済の製品ページも、2016年10月21日をめどにアクセスできなくなりました・・・。

ローンチ時点の販売対象国はアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ドイツの5カ国。

2016年11月にはインドでも発売が開始されています。

なのに日本は発売未定のままずっと放置・・・?

納得できん

Google Pixel / XLが日本発売未定の理由を考察

そこで、技術的観点とビジネスの観点から、Google Pixel / XLが日本発売未定のままの理由を考察してみようと思います。

Google Assistantを支える技術の難しさ?

一つ目の理由は、Pixelシリーズの目玉機能であるGoogle Assistant。

おそらく日本語対応がネックになっているものと予測しています。

Google Assistantで使われている技術要素

一言でGoogle Assistantといっても、技術的には

  • 音声認識
  • 自然言語処理(NLP)
  • 検索、解析
  • 回答の生成

など複数の技術要素が組み合わさってできています。

要は、少し頭の良くなった音声検索という感じでしょう。

これらの技術の中で、日本語を対象とした自然言語処理(NLP:Natural Language Processing)は難易度が高いと言われています。

日本語だとなぜ難しいか

日本語はわりとフリーダムな言語です。

主語がなくても伝わったり、語順が入れ替わってもよかったりしますよね。

同時に、日本語はハイコンテキストな(その場の空気で意味が変わりやすい)言語と言われています。

そのため、文脈を含めた発話者の意図をコンピュータに正しく解釈させるために技術的な工夫が必要なんです。

日本語の自然言語処理レベルが英語に追いついていない

そのため、日本語向けの自然言語処理技術は英語向けのものに比べて2〜3年は遅れていると言われています。

英語を対象に高度な音声認識サービスができるからといって、日本語向けに同じことができるわけではないんです。

実際、発売が決まっている国(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ドイツ、インド)はいずれも英語が公用語もしくは広く使われている国ですよね。

技術の遅れがそのまま発売時期の遅れにつながるとしたら、Google Pixelは2018年にならないと日本で発売されないことになってしまいますが・・・

遅くね?

と思ったら、2016年12月25日にGoogle Assistantが日本語対応しました。

参考:ITはみ出しコラム:「Google Assistant」がついに日本語対応 Pixel上陸も近い? – ITmedia PC USER

機能はオープンされたようですが、精度はいまひとつの模様。

おそらくテストオープンという位置づけなのでしょう。

正式なプロダクトとしてGoogle Pixelの目玉機能に載せるまで、もう少し時間がかかるかもしれません。

日本のスマホ市場が魅力的じゃない?

次に、少しビジネスよりの視点から考察してみましょう。

Googleにとって日本のスマホ市場自体があまり魅力的でないのかもしれません。

日本は世界でも珍しいiPhone大国

日本のスマホ市場は世界でも珍しくiPhone優勢、Android劣勢です。

ドコモ、AU、ソフトバンクの3大キャリアによる「実質XX円」的なiPhone売り攻勢。

スマホとネット回線が別売りになっていない特殊な業界構造。

これらの結果、日本人にとってはスマホ=iPhoneなのでしょう。

実際このブログへのスマホからのアクセスの7割がiPhoneからです。

もっというと、

  • 「スマホがほしいと言ったらアンドロイド買わされた」
  • 「iPhoneくれない」
  • 「androidは糞すぎる」

というキーワードで検索してこのブログにたどり着く人がいるくらい。

「スマホといえばiPhone」というイメージは日本人に相当しみついていることが足元からも感じられます。

参考:iPhoneくれない、プールが飛んだ、100万円くれ…検索回数1回のキーワードが自由すぎた

日本のハイエンドスマホ界はレッドオーシャン?

Google PixelはハイエンドのAndroidスマホですが、日本にはSONYのXperiaやSAMSUNGのGalaxyという強敵がいます。

さらにこれらは、日本向けに最適化された機能群をひっさげているんです。(おサイフケータイとか)

iPhoneですらおサイフケータイをつけないと売れないありさま…

いくらGoogleといえど、ユーザを面でおさえてかっさらうにはつらい状況です。

またGoogle Pixelはハードウェアとしては後発組です。

日本に特化したチップをはじめから搭載するのはリスクが高いという判断もあったのでしょう。

つまり、リスクが高いわりにベネフィットは少なそう。

Googleの経営側がNo Goを出す理由がわかります。

自分で書いてて落ち込んできた

Googleは将来の先進国=今の発展途上国を狙う戦略だから?

最後に、Googleは今の先進国ではなく将来の先進国=今の発展途上国をおさえにいく戦略を持っているようにも見えます。

圧倒的なユーザ数という大規模なプラットフォームを面でおさえに行き、一気にマジョリティを取り込んでマネタイズする。

・・・というのが今後の動き方であるような気がしています。

詳しくは下記の記事で考察しています。

スマホ操作の癖で本人確認…新しい認証技術にGoogleが投資する狙いとは?
スマホ操作の癖で本人確認…新しい認証技術にGoogleが投資する狙いとは?
Googleが本人の挙動をベースにユーザー認証を行う「ビヘイビアベース認証」に積極投資しています。なぜか?
少子高齢化の影響がここにも?

Google Pixel / XLの日本発売日はいつ?

このように

  • 技術的に難しさが残る?
  • 市場が魅力的でない?
  • 長期的な戦略との齟齬?

なんていうことを考えると、日本での発売は永久見送りになる可能性も無きにしもあらずです。

でもいいニュースもあるよ!

2016年12月、Daydream関連の記者会見にて、Google陣営からPixelの日本発売時期を示唆するコメントがあったそうです。

なお、この日にデモンストレーションが行われたDaydreamとスマートフォンの「Google Pixel」は、来年中に日本で発売する可能性があることをルーバー氏は示唆していた。

出典:VRとAR、Googleはなぜ取り組むのか|ソリューション|IT製品の事例・解説記事

2017年中に発売する可能性がある!

とーってもあいまいな内容ですが、少なくとも日本発売なしという道はなくなったと理解していいと思います。

焦らしますねえ、Google Pixel。

日本でGoogle Pixel / XLを手に入れる方法

でも、今ほしいんだが

どうしても今すぐGoogle Pixel / XLを手に入れたい方もいると思います。

自己責任で海外版(グローバル版or北米版)を使うのでよければ、入手する方法があります。

  1. 国内の輸入販売店で購入する
  2. 販売国のGoogleストアで購入し個人輸入する
  3. 日本のAmazonで購入する
  4. 日本配送に対応している海外通販サイトで購入する

国内の輸入販売店で購入する

イオシス アキバ中央通店(東京・秋葉原)にて、Google Pixel / XLが入荷・販売されているという情報があります。

価格は、下記のとおり。

Goole「Pixel XL」
124,800円(税込):イオシス アキバ中央通店

Goole「Pixel」
104,800円(税込):イオシス アキバ中央通店

(出典:Google謹製の最新スマホ「Pixel XL」と「Pixel」が販売中 – アキバ総研

アメリカでは649ドル〜販売されているところを見るとかなり強気の値段設定です。

しかし、入荷とほぼ同時に完売してしまう状況だそう。

また扱われているのがアメリカ版かグローバル版かは入荷状況によって異なるようです。

最新情報はイオシス アキバ中央通店までお問い合わせを。

同店が直輸入した米国向けモデルで、型番は「G-2PW4100」。

(出典:Googleの5型スマホ「Pixel」の米国モデルが販売中、実売10万円越え – AKIBA PC Hotline!

アキバでの初回入荷時からしばらくは北米版が流通していたものの、5型モデルのPixelに続き、5.5型の大型モデルPixel XLにもグローバル版が入荷した。

(出典:ASCII.jp:Google最新スマホの大型モデル「Pixel XL」のグローバル版がアキバに入荷!

一方、Welte(ヴェルテ)という日本の会社が運営する通販サイトにおいてもGoogle Pixelのグローバル版の輸入販売を行っているようです。

参考:Google社製スマートフォン「Pixel」/「Pixel XL」グローバル版 – ヴェルテ

販売国のGoogleストアで購入し個人輸入する

次に、Google Pixel販売国のGoogleストアで購入し、個人輸入サービスを経由して手に入れる方法もあります。

少し面倒ですが、手間がかかるぶん上記輸入販売店よりも若干安く買えるはず。

アメリカの場合の手順は以下の通りです。

  • 個人輸入代行サービスに登録する
  • アメリカに接続拠点のあるVPNサービスに登録する
  • アメリカのVPN拠点を経由し、アメリカのGoogleストアにアクセスする
  • 個人輸入代行サービスの指定する宛先を発送先として指定し、購入する

このような手順を踏む必要があるのは、Googleストアは接続元IPによってアクセス可能なGoogleストアを制御しているからです。

たとえば日本国内からアメリカのGoogleストアにアクセスしても、自動的に日本のGoogleストアにリダイレクトされます。

これを避けるため、アメリカのIPを持つVPN拠点を経由してアクセスする必要があります。

たとえばセカイVPNであれば、アメリカだけでなくドイツも利用可能です。

個人輸入代行サービスはスピアネットがおすすすめです。

ぼくも以前Chromebook Flipをamazon.com(アメリカのAmazon)で購入した際に利用しましたが、何のトラブルもなく自宅にちゃんと届きました。

日本のAmazonで購入する

日本のAmazonにおいて、並行輸入品のGoogle Pixelが出品されています。

日本のAmazon販売情報

こちら、どうやらショップが個別に輸入したものをマージンを乗せて販売しているようです。

価格は出品状況に依存するのですが、上で紹介したイオシスアキバ店と同程度の値段帯で出品されていることもあります。

自分で個人輸入するのは不安がある。でもどうしてもアメリカ版でいいからGoogle Pixelが今すぐほしい!

という方のみ、Amazonでの購入を検討されては。

日本配送に対応している海外通販サイトで購入する

海外サイトの通販サイトにGoogle Pixelを扱うものが出てきています。

北米版かグローバル版かは各サイトの入荷状況によるようですので、ご確認ください。

詳しくはこちら

値段はやはり定価よりだいぶ高いですね。

日本への輸送料や関税、為替などの関係で、かかる総額は日本のAmazonに出品されているものと同程度と考えて差し支えないでしょう。

どの方法で購入すると最も安く手に入るのか

本家Googleストア以外の通販系サイトでは、Google Pixel / XLが非常に高値で取引されています。

その理由は2つ。

  • 品薄のためプレミア価格がついている(転売屋が高値で売っている)
  • 輸入代行や送料などの手間賃が上乗せされている

これらを最低限におさえることが、安く(=定価に近い価格で)手に入れるためのカギです。

オススメの方法は先ほど紹介した中の2. 販売国のGoogleストアで購入し個人輸入するです。

多少の手間はかかりますが、プレミアや手間賃の価格上乗せ分を回避でき、定価に近い安値で手に入れることができます。

かかる費目は以下のとおり。

  • Google Pixel / XL本体価格(649ドル〜)
  • 海外VPN利用料(3〜10ドル程度)
  • 販売国内送料(Googleストア→輸入代行業者)
  • 輸入代行サービス利用料(輸入代行業者→自分)
    • 関税等の諸経費
    • 日本国内送料
  • 為替による上乗せ

いろいろありますが、本体価格以外の費目は全部足しても1万円はいかないでしょう。

ぼくが先日アメリカのAmazonで買ったChromebook Flipをスピアネットで個人輸入した際は、

  • 販売国内送料:15ドル
  • 輸入代行サービス利用料:35ドル(飛行機便)

くらいでした。

到着まで2週間ほどかかってよいのであれば、「船便」オプションで輸入代行サービス利用料を10ドル前後におさえることも可能です。

もちろん選ぶ国や業者によってサービス内容と価格はまちまちです。事前によく調べることをおすすめします。

なお2016年11月19日あたりから、転売目的でGoogleストアからGoogle Pixel / XLを大量購入する業者に対し、Googleが取締を強化しているようです。

参考:Google、Pixel / Pixel XLを転売している業者のGogoleアカウントを凍結 | ガジェット通信

倫理的な観点からも、転売屋からではなく真っ当に個人輸入するほうがいさぎよいと思います。

注意!Google Pixel / XLの技適取得情報はなし

日本未発売のスマホを買うとなると、外せないのが電波の話です。

Pixel自体はナノSIMに対応、ドコモ等のLTE電波に対応したアンテナを搭載しているため、技術的には日本でも利用可能です。

しかし2017年3月22日時点で、Google Pixel / XLに関する技適マーク取得の情報はありません。

そのため格安SIMやモバイルWiFiを含め、使うと電波法に抵触する可能性があります

自己責任でいいから使いたい!

それでも自己責任でいいから、Google Pixel / XLを日本国内で使いたいというなら、高速通信できるデータ量に制限のないモバイルWiFiを使うことをおすすめします。

というのも、Google Pixelオーナーの特権であるGoogle Photoへの無圧縮写真・動画の無限バックアップを利用すると、高速通信できるデータ枠なんてすぐに食いつぶされてしまうから。

参考:写真や動画のアップロード サイズを選択する – Google フォト ヘルプ

WiMAX系のモバイルWiFiサービスなら安心でしょう。

まとめ:はやくこいこいGoogle Pixel / XL

以上、Google Pixel / XLについて

  • 日本発売が未定である理由
  • 今すぐ安く購入する方法

をお送りしました。

個人的には値段が高い意外のデメリットは気にならないため、早く技適をクリアして日本で公式販売してほしいという思いしかありません。

続報を待とうと思います!

とはいえ、公式販売価格の649ドルでもやっぱり高い。

2016年ベストセラーのミッドレンジ、Huawei p9 liteの約5倍の値段です。

参考:楽天モバイル セール情報

Pixelにはその価値があると信じてますが、果たして?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントはこちら

購読・フォローはこちら

あわせて読みたい

あわせて読みたい

コメント

  1. 通りすがり より:

    > それでもなおGoogle Pixel / XLを日本国内で使いたいというならモバイルWiFiで運用する必要があります
    これも違法では…?

  2. NAE より:

    通りすがりさん
    コメントありがとうございます。
    総務省のページをあらためて確認したところ、ご指摘のとおりでした。
    記事内容を修正いたしました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  3. dirablue より:

    レビューのツッコミが面白いですね

  4. NAE より:

    ディラ (id:dirablue) さん
    コメントありがとうございます。
    どうしても感想を入れたくて、ツッコんでみました!

  5. 名無しさん より:

    大変参考になりました!
    日本で発売されたらiPhoneから乗り換えるのになー…と思ってジトジトしてたんですが、評判を見る限りまだその必要はなさそうですね。

  6. NAE より:

    名無しさん
    コメントありがとうございます。
    ベンチマークされる側としての地位が確立されていますからね・・・
    iPhone強し、です。