捗るを極める、ガジェット×テック系ブログ

naenote.net

その他運営Tips

【裏技】Google画像検索で商用フリー画像を一発検索できるURL

投稿日:2016年10月23日 更新日:

Google画像検索

ブログなどWebに公開する記事を書くとき、必ずぶち当たるのが画像の素材どうするか問題です。

記事の内容にあった素材を探すところで時間を食って困っている方は少なくないのではないでしょうか。

ぼくもその一人です。ブログのアイキャッチ画像として記事のメッセージをズバッと表現しているものを見つけようとしても、なかなか見つかりません。

そこで最後の奥の手、Google画像検索を使って商用フリー素材を探すことがあるのですが・・・

検索条件にいちいち「商用フリー」を設定するのが手作業で面倒だったので、最初から設定済のURLを見つけ出しました。

ぜひブラウザのブックマークへ保存して活用いただければ。

スポンサーリンク

Google画像検索は世界最強の画像ライブラリ

Google画像検索とは、Googleの検索エンジンを使って画像を検索できるサービスです。

参考 Google 画像検索

普通にググったあとに検索対象を「画像」に切り替えても同じことができますよね。

世界中のWebサイトにホストされている画像をくまなく検索できるため、普段から使っている人も多いのではないでしょうか。

一方で、

などなど、何かとネタに事欠かないのがGoogle画像検索のおもしろいところ。

Google画像検索でヒットする画像には著作権がある

そんなGoogle画像検索、あまりに便利なのWebに記事をアップする人間としてはアイキャッチ画像の検索に使いたいと思いますよね。

そこに立ちはだかるのが著作権です。

Webにアップされている画像には著作権があります。たとえば本記事の冒頭に出している画像は、著作権フリーの画像をぼく自身が加工して作ったものであり、ぼく自身の著作物という扱いになります。

しかしGoogle画像検索は、デフォルトでは著作権を気にせずネット上の画像をかき集めます。

そのためGoogle画像検索でヒットした画像をそのままコピペして使うと著作権侵害になる可能性が非常に高いのです。

著作権侵害を防ぐには、CC0(パブリックドメイン)や商用フリーといった

Google画像検索では「商用フリー」で絞り込みができる

そんな事情を知ってか知らずか、Googleはとてもいい仕組みを準備してくれています。

検索オプション(検索ツール)で利用可能な著作権分類での絞り込みです。

ホビヲノエでのGoogle画像検索結果

やり方は簡単です。検索結果から

検索ツール
→ライセンス
→改変後の再利用が許可された画像

を選択すればOK。

 

ですが面倒なことに、著作権分類での絞り込み条件はデフォルトで「ライセンスでフィルタリングしない」にセットされているんですよね。

そのためブラウザやタブを新しく開いて検索をするたびに毎回手動で検索ツールから条件を指定しなければなりません

めんどくせーなオイ
パイセン
NAE
やさしくないですね

「商用フリー」が設定済のGoogle画像検索URL

そこでちょっとURLをいじくり倒して、「商用フリー」という条件があらかじめセットされたGoogle画像検索のURLを探し当てたのでご紹介します。

こちらです。

Google画像検索(商用フリーのみ)

 

実際のURLを見てみましょう。

imghp以降にパラメータがついていることにお気づきかと思います。

どうやらtbm=ischで画像検索を、tbs=sur:fmcでライセンスの切り替えをしている模様。

ただしパラメータに関する正式かつ最新のドキュメントが見あたらなかったのであくまで予測です。

参考 Google検索のパラメータ(URLパラメータ)一覧 - fragment.database.

海外サイトを含めて一次ソースを当たろうとしたのですが、同じことを考えた人がいた形跡は見つけたものの、出典元が明らかになっていません。

参考 Help:Finding open licensed images - Appropedia: The sustainability wiki

そのため、この方法はある日突然使えなくなる可能性もあります。

注意点:Google画像検索の仕様上、本当に商用フリーかは自分で確認が必要

最後に注意点です。

Googleが画像検索のヘルプページで言っているように、本当に商用フリーかは各Webサイトを自分で確認する必要があります。

注: コンテンツを再利用する前に、ライセンスが正当であることと、再利用に関する正確な規約をご確認ください。たとえばライセンスによっては、画像の再利用に際して作成者の表示が求められます。Google では、ライセンスのラベルが正当かどうかの確認は行っていません。したがって、法的にコンテンツの使用が許可されているかどうかは保証できません。

(出典:自由に利用できる画像の検索 - ウェブ検索 ヘルプ

 

たとえば商用フリーのイラスト素材を配布している超有名サイト、いらすとや

「いらすとや」でGoogle画像検索してみると見慣れたあの感じのイラストが多数ヒットしてほんわかした雰囲気ですが・・・

いらすとやでGoogle画像検索をした結果

検索ツールからライセンスを「改変後の再利用が許可された画像」で絞り込むと、物々しい雰囲気に早変わり。

いらすとやでのGoogle画像検索(著作権フリーで絞り込み)

 

「いらすとや」の素材は商用フリーなのにGoogle画像検索での著作権絞り込みではヒットしない。

Googleは個別サイトに掲載されているひとつひとつのコンテンツについて、著作権情報をつぶさにチェック(クローリング)しているわけではないようです。

Googleだからといって完全に信じず、自分でちゃんと確認・検証しないとキケンだということですね。

まとめ:Google画像検索で見つけた画像は著作権に気をつけて

以上、Google画像検索であらかじめ商用フリーで絞り込んでおく方法をご紹介しました。

ライセンスのことを気にしないで検索するのであれば

  • 複数のフリー画像サイトを横断検索できるO-DAN
  • 日本に特化した横断検索サイトタダピク
  • Pixabayぱくたそなどの個別サイト
  • はてなブログであれば、記事編集画面のFlickr写真検索ウィジェット

あたりを使うのが確実ではあります。

それでもいい素材に出会えなかった場合、著作権に気をつけつつGoogle画像検索の力を借りてみてはいかがでしょうか。

Google画像検索(商用フリーのみ)

よく読まれている記事

-その他運営Tips

Copyright© naenote.net , 2017 All Rights Reserved.