Google Pixel

Google Pixelの上位版「Ultra Pixel」はAndroid界のiPhone Xか

投稿日:2017年10月1日 更新日:

Ultra Pixel

Google Pixel 2の動向が気になってしょうがないNAEですが、気になるニュースを発見しました。

Google Pixelの上位版である「Ultra Pixel」の存在(の噂)です。

参考 Google Ultra Pixel - New Pixel 2 Smartphone LEAKED? - YouTube

これはもしかして、Android界のiPhone Xってことでしょうか?

海外ニュースでは「フェイクだ!」との声も散見されますが、思いっきり乗っかってみようと思います。

※2017-10-08追記

結局、発表されませんでした……以下、妄想たわごとをお楽しみください!!!

スポンサーリンク

Ultra Pixelとは

Ulltra Pixelとは、冒頭で紹介したリーク元の動画において存在すると主張されているスマホです。

背景に映るデスクトップの壁紙から「Googleオフィス内で撮影された」と推測される写真において、Ultra Pixelという名前のスマホのプレゼン資料が写り込んでいる様子が紹介されています。

このことから、GoogleはPixelシリーズの上位版としてUltra Pixelを開発中なのではないか? とされています。

Ultra Pixelの特徴は「Fluid」

ではUltra Pixelとはいったいどのようなスマホなのでしょうか?

リーク動画の中に、非常に重要なキーワードが現れています。

The future of Android is Fluid

です。

Fluidとは?

Fluidとは「流体的な」を意味する英語です。

これを聞いて思い出すのは「Fluid Design」という言葉です。

参考 Responsive vs. Adaptive vs. Fluid Design - One Month

Fluid Designとは、極論をいうと要素の大きさが%指定になっているデザインのこと。デバイスの画面の大きさに応じて要素の大きさが流れるように変化するものです。

その後、要素の配置そのものも画面の大きさで適切に変化する「レスポンシブデザイン」に発展しました。

 

なんですが……

NAE
……今さらそんなの出してくるか?

Fluid Designは2009年くらいにはすでにあった概念です。

今さらGoogleがそんなものそのまま引っ張り出してくるとは思えません。

 

では、Googleの考えるFluidとは何なのでしょうか。

リーク元動画で紹介されている内容をひもといてみたいと思います。

どこからでもホームボタンが操作可能

リーク元の動画では、Ultra Pixelの特徴として「スマホのどこを持っていてもコントロールボタンが操作可能になる」としています。(multitaskingと呼ばれています)

コントロールボタンとは、Androidスマホの画面下についているコレ↓です。

ホームボタンや戻るボタン

このボタン、Androidを使うとなると切っても切り離せません。

しかし画面の大きい昨今のスマホでは正直使いづらいでしょう。

画面上部のアイコンをタップした後に「やっぱ戻ろ」と画面左下の戻るボタンをタップ……

親指を思いっきりグイーっと伸ばす、スマホを持ち変える、両手で操作するなど、面倒な一手間が必要です。

それが画面のどこからでもコントロールボタンが使えるのならとても便利ですね。

ただし、どのような操作感が実現されるかは今のところ不明です。

NAE
個人的にはゼスチャーかな? と思っています

つまりFluidとは、スマホの持ち方などユーザの状態によらず自由に使える(スマホ側がユーザにあわせて流体的に変化する)デザインということなのかもしれません。

ベゼルがさらに薄く

次に、リーク動画に映りこむUltra Pixelのイメージ映像を見てみると、ベゼルが薄くなっていることに気づきます。

ベゼルとは、画面の端からスマホの外枠までの間のことです。ベゼルが薄い=スマホ表面における画面の専有面積が広いことを指します。

これはiPhone Xと同じ方向性です。iPhone Xは上下左右のベゼルがほぼなく「スマホではなく画面をそのまま持っている」感覚を与えうるため、スマホ体験を変えると思っています。

参考 iPhone Xは買い。スマホ体験を180°変える可能性あり ※8は買わない

Ultra Pixelも同じ方向性でスマホ体験を変えてくるのでしょうか。

NAE
画面をそのまま持つってどういう感覚だろう……

ただし、この情報からFluidとはなにかをうかがい知ることはできませんでした。

新しい形の指紋認証が導入される

加えて、どうやら新しい形の指紋認証が導入される可能性があるということ。

これまでのスマホでの指紋認証といえば、以下2パターンがメインでした。

  • 背面上部に人差し指
  • 前面下部に親指

これに加えて新しい指紋認証となると、おそらくスマホ画面全体で指紋の認識が可能になるものと予想します。

Fluidが「ユーザにあわせてスマホが形を変える」だとすれば、ふさわしい進化だと言えそうです。

NAE
Fluidってなんだかワクワクする!

Ultra Pixelの位置づけ、サイズ、スペック

FluidなUltra Pixelですが、ハード的な側面も気になるところです。

しかしリーク元動画の情報だけでは

  • 背面カメラがデュアル
  • 6〜7インチクラスのファブレット

以外の詳細をうかがい知ることはできませんでした。

とはいえ、高級路線のPixelシリーズであること、そしてサイズ感や「Ultra」という名前から、Ultra PixelはiPhone Xポジションに該当するものとみて良いでしょう。

つまりこういうこと↓です。

種別iPhoneGoogle Pixel
小型iPhone 8Pixel 2
大型iPhone 8 plusPixel 2 XL
最高峰iPhone XUltra Pixel

 

以前「Google Pixel 2とiPhone Xを比較。どっちを買うべきか?」を書いたとき

NAE
iPhone XとPixel 2を比べるのは無理がある……

と感じたんですが、この違和感に答える形でUltra Pixelがハマってきそうです。

こうなると、Ultra PixelはPixelシリーズ最高峰の性能と、これまでにないスマホ体験を引っさげてやってくる可能性があると期待してしまいますね。

Ultra Pixelの発売日、日本販売予定、価格

さて、そんなUltra Pixelですが、いつ発売され、いつ日本に上陸し、値段はいくらくらいになるのでしょうか?

結論をいうと不明です。

リーク情報も冒頭のYoutubeが初見であり、あれ以上の詳細情報は2017年10月1日時点で一切ありません。

以下、NAEの個人的な予測です。

発売日は?

  • 2017年10月5日時点では発表のみ
  • 予約・発売は2017年末中を狙ってくる?

と予測します。

Pixelの情報リークは発売から2〜3ヶ月くらい前から少しずつ出てくるペースでした。

それを考えると発売は2018年初頭かな? となるのですが、商売上手のGoogleがクリスマス商戦や年末商戦を逃すとも思えません。

おそらく、予約だけでも2017年中に開始するものと思われます。

もちろん、iPhone Xの対抗馬として出すのであれば、iPhone Xの発売日である2017年11月23日が1つの目安になる可能性があります。

日本発売される?

Ultra Pixelの日本発売は十分にありえると考えます。

Google Assistantの日本語対応など、ソフトウェア的なネックはすでに解消されています。

そのためハードウェア部品調達などサプライチェーン上の問題がクリアされているならば、Ultra Pixelも早晩日本に上陸するのではと思っています。

参考 Google Pixelが日本発売未定の理由を分析する

参考 Google Pixel 2の発売日=Google Pixelシリーズの日本上陸日か?

ただし、初回販売国に入るかはまた別の話。

初代Pixelも、はじめはアメリカ等5カ国で販売開始ののち、インドで取扱を開始しました。

日本が初回販売国に入る保証はありません。

3大キャリアやMVNOのバンドル販売は?

可能性は薄いと思います。

そもそも、過去のGoogle系端末であるNexusシリーズはソフトバンクやY!モバイルのような攻めてる系のキャリアでのみ扱われていました。

しかし、当時以上に今の日本はiPhone大国です。ソフトバンクやY!モバイルがあえてUltra Pixelを扱う必要性は薄いでしょう。

それにauやドコモすでに先日のiPhone商戦でかなり消耗しています。知り合いの関係者も「Pixel? なにそれ?」状態です。

格安SIM事業者がPixel……という線も考えにくいでしょう。端末も回線も安く提供する方向性ですし。

そのため、日本上陸するにしてもGoogleストアで定価で販売するだけだと思います。

まとめ:GoogleとAppleのスマホ合戦が熱い

以上、「Google Pixelの上位版『Ultra Pixel』はAndroid界のiPhone Xか」という話題をお届けしました。

高級路線をひた走るGoogle Pixelシリーズ。iPhoneとはガチンコの競合にあたります。

先日HTCのPixelチームを買収したこともあり、GoogleとAppleの高級スマホ合戦はより熱を帯びていくことでしょう。

今後の展開が楽しみです。

 

なお、先代のGoogle Pixelであれば実は今すぐにでも買えていまいます。

中古であれば4万円台で手に入るので、気になる方はどうぞ。

参考 Google Pixelの日本発売まだ?今すぐ安く買える方法まとめ

おすすめ関連記事

-Google Pixel

Copyright© NaeNote , 2017 All Rights Reserved.