【厳選】2018年買ってよかったガジェット13選

【2019年】折りたたみスマホまとめ

Huawei Mate X 海外スマホ

2019年の3大スマホトレンドは「折りたたみ」「5G」「複眼カメラ」の3つ。

本記事では、2019年に発表された主要な折りたたみスマホをまとめています。

一言で「折りたたみスマホ」といってもメーカーによってアプローチはさまざま。

比較検討にお役立てください。

※各機種、だいたいスペックはハイエンドなので割愛

スポンサーリンク

発売確定している機種

Samsung Galaxy Fold

Samsung Galaxy Fold
  • 発売時期:4/26
  • 価格:1,980ドル(約22万円)〜
  • 画面(広):7.3インチ
  • 画面(折):4.6インチ
  • 機構:谷折り

背面に4.6インチの画面、開くと内側に7.3インチの大画面が現れます。

スマホモードだと重い割に画面が小さく使いづらそうなので、「折りたためるタブレット」用途になりそうです。

参考 サムスン、折りたたみ端末Galaxy Foldの詳細動画を公開。リバースチャージやDeXにも対応

Huawei Mate X

Huawei Mate X
  • 発売時期:2019年中盤
  • 価格:2,299ユーロ(約28.8万円)
  • 画面(広):8.0インチ
  • 画面(折):6.38インチ
  • 機構:山折り

8.0インチの画面を外側にして閉じるとスマホモードになる、という機構。

折っても6.38インチの画面、かつ厚さ1.1mmとスリムなので、「画面を広げられるスマホ」と呼ぶのがふさわしいでしょう。

参考 HUAWEI、折りたたみ5Gスマホ「Mate X」発表

LG V50 ThinQ 5G

LG V50 ThinQ 5G
  • 発売時期:未定
  • 価格:未定
  • 画面(広):6.2インチ+6.4インチ
  • 画面(折):6.2インチ
  • 機構:360°

厳密には「デュアルディスプレイ」と呼ぶべきもの。

しかし、折りたためる機構を持ったスマホの現実案として紹介しておこうと思います。

参考 折りたたみ…じゃなくて? LGからデュアルスクリーンに変身するスマホ登場

Royole FlexPai

Royole FlexPai
  • 発売時期:未定
  • 価格:1,318ドル(約14.9万円)〜
  • 画面(広):7.8インチ
  • 画面(折):情報なし
  • 機構:山折り

CES 2019で発表された、世界初の折りたたみスマホ。

開発者向けモデルのみ販売が予定されており、一般販売は未定です。

参考 ディスプレイが折り曲げられるスマホ「FlexPai」の可能性は無限大

発売未確定・コンセプトモデル

Xiaomi

外側に三つ折りするモデルを開発中、というリーク情報あり。

参考 今度は「三つ折り画面スマホ」、小米もフォルダブルを開発中?

OPPO

「折り畳みはユーザーエクスペリエンスの大幅な向上にはつながらない」ということで、量産予定はないそう。

ただし話題作りの可能性も否定できず、要ウォッチです。

参考 OPPOも折り畳み端末を披露。HUAWEI Mate Xに似た外折り型

TCL

2020年半ばに発売を予定してる、とのこと。

参考 中国メーカーTCLの折りたたみスマホは2020年半ばまでおあずけ | ギズモード・ジャパン

まとめ:折りたたみスマホの未来やいかに

そもそもぼくは、折りたたみスマホの価値に懐疑的です。

しかし、かのiPhoneは発売前は「こんな電話機売れない」と揶揄されていました。

折りたたみスマホも、実際に手にとってみると全然違うのかもしれません。その意味で注目しています。

新機種が発表され次第、この記事も更新していこうと思います。

以上「2019年発表の折りたたみスマホまとめ」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ