ロジカルシンキングでロゴデザイン制作に挑んだ結果ぶつかった3つの壁

壁 女性 サングラス 青 オレンジ 赤

こんにちは、NAEです。

コンサルティングの仕事を始めて10年弱、ほぼずっとロジック一本で生きてきました。

でもこれから生き残るには、アートやデザインなどのクリエイティブ系右脳スキルを理解し身につける必要があると思っています。

ロジカルシンキングが無価値になる?コンサルタントも右脳系スキルを磨くべき理由
ロジカルシンキングが無価値になる?コンサルタントも右脳系スキルを磨くべき理由
コンサルティングの仕事を始めて7年、ずっとロジック一本で生きてきました。でもこれから生き残るにはアートやデザインなどのクリエイティブ系右脳スキルを身につける必要があると感じています。

というわけで、デザインの勉強を始め、ツールをインストールし、なんとなくロゴデザインをしてみたりを試してみているんですが、壁にぶつかりました。

ロジカルシンキングはデザインにおいては無力

今回はそんなお話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デザイン制作のためのツールを入れてみた

クリエイティブ系の知り合いをランチに誘っておすすめツールを聞いてみました。

イチオシはAdobe CCの月額サブスクリプション。理由は、どうせ長く触るなら本格的なものの方がいいし、使用感も断然違うから。

しかしこれまで画像・動画編集なんて写真のレタッチや結婚式ムービーくらいしかやったことがないため、片手間勉強で毎月4000+円というのはちょっとなあ・・・

というわけで、Adobe CC系の代替ソフトとして有名なものを一通り導入しました。

将来Adobeへ移行することを考えて、こちらの記事を参考に、ショートカットキーをPhotoshopとIllustratorと同じものに変更しています。

これにて準備完了。

デザインの基礎知識をインプットしてみた

学びの原則は守破離。ことはじめとしては、ますは基本的な概念を学ぶのがよし。

というわけで、デザインの基礎知識を紹介するサイトにざっくり目を通します。

配色、レイアウト、ジャンプ率、明度、彩度・・・言葉の意味と効果の概要は理解できました。

しかし、それらがどう使われて、見え方や印象にどう影響するかがピンときません。

デザインをひとつ制作してみようとした

やっぱり実践しないとね。

そこで、手始めに簡単なロゴを試作することにしました。大まかな手順は以下です。

  1. ロゴのコンセプトを考える
  2. 大まかなデザインを決める
  3. 手描きでイメージを膨らませ、ディテール部分を決めていく
  4. 手描きの最終ドラフトをPCに取り込む
  5. Inkscapeでキレイ化&微調整
  6. 主要部分のパスができたら配色

なおロゴデザインが文字ベースのシンプルなものでしたので、キレイ化にベジエ曲線を利用することを念頭に、手順5ではInkscapeを使いました。
ロゴの構成が複雑な場合はGIMPのほうがよいかも。

かかった時間は1.~3.で2日くらい、4.~6.で4時間くらいでしょうか。

ロジカルシンキングのアプローチでぶつかった3つの壁

ただのロゴなのにこんなに時間がかかったのは、単にツールに不慣れだったことに加え、大きな3つの壁にぶつかったからです。

一言で言うと、できたロゴ=自分のアウトプットが正しいことを裏付ける術がなかったということ。

コンセプトってどう作るの?勝ちパターンが存在しない

まず、デザインコンセプトを考える時点でつまずきました。

コンサル仕事では非常に有用だった強い方法論やフレームワークが使えなかったからです。

これまでフレームワークを武器にしてきた

コンサルティングの世界、特にぼくの得意分野であるITコンサルティングにおいては、クライアントの抱える課題のほとんどに対し、解決アプローチの勝ちパターンが存在します。

方法論フレームワークナレッジと呼ばれるものです。

それらの1つ1つの要素には先人の過去の経験に裏打ちされた「なぜそうしなければならないか」が散りばめられています。

そのパターンに従えば失敗の確率をグンと減らすことができますし、読み解けば先人の教えを知ることもできます。

クリエイティブの世界では通用しなかった

しかし、クリエイティブの世界ではそうではないらしい。

作品を見た人にどんなイメージや思いを与えたいのか、という最終的な目的ははっきりしていても、その実現手段は人それぞれ。

作風や作者が違えば思いを伝えるアプローチは180度異なります。

つまり作者の数だけ勝ちパターンが存在する

・・・かもしれないし、そもそも勝ちパターンなんてないのかもしれません。

言ってしまえば、受け取る人の感性だって人それぞれですし。

初学者に勝ちパターンなどなかった

ということを理解した上で振り返ると、初学者のぼくには作風やアプローチなんてそもそも存在しないわけです。

何度も製作を繰り返していって作り上げるものだと思いますし。

そりゃ何が正しいかなんてわかるはずがないですよね。

デザインの細部はどう決める?ロジックが通用しない

次に、デザインの細部を詰めるステップでも派手につまづきました。

ロジックが全く通用しなかったんです。

コンサル仕事はロジックが礎

コンサルティングの世界では、なにか主張する=メッセージ出す際は、原則それを裏打ちする事実=ファクトをセットで出します。

結論をロジックツリーで分解し、枝葉の各要素を事実で裏打ちします。そうすれば結論の「正しさ」を示せるからです。

それに、第三者の立場でモノを言うコンサルタントは常にクライアントからの「なぜ?」に答えられる必要があります。

根拠のないメッセージを垂れ流すコンサルタントは信頼されません。

これは課題解決型でも仮説検証型でも同じです。仮説の尤度を高めるには「なぜ」が必要です。

デザインにロジックは通用しない?

というわけで、デザインの細部を決める際にもロジックツリー的に「なぜそうするか(そうすべきか)」を考えました。

しかし、これが全く通じない。

  • 端っこはマーカーで描き出すような風にした方がなんだかカッコいいかも・・・
  • 曲線が途中でカクカクしてるとなんだかみっともないから滑らかにしようかな・・・

いずれも今書いた以上の「なぜ」なんて存在しませんし、裏付けるファクトなんてありません。

自分の感性に依存するところが多い

すべての行き着く先は自分の感性ひとつ。

言いかえるとロジックツリーのほとんどを自分が支えているというすごい状態なんです。

モノを決めるというコンテキストにおけるロジックツリーの価値は

  • 自分の考える&決めるスコープを絞ることができる
  • 集めるべき情報を明確化できる

というのがぼくの理解です。

しかし、すべてが自分の感性に依存するのなら、そこにロジックのある意味は非常に薄い。

考えるな、感じろ、というのはまさにこのことです。

本当にこれでいいの?アウトプットがあまりにもシンプル

最後に、最終的なアウトプットである「ロゴ」があまりにもシンプルすぎました。

「本当にこれでいいのだろうか」と不安になってしまうほどです。

(実物はお恥ずかしくてお見せできません・・・)

仕事のアウトプットはシンプルだが重みがある

コンサルの仕事において常に言われてきたのが、成果物はKISS(Keep It Simple, Stupid)原則に則ってシンプルに保つべきということ。

見た目はもちろんシンプルですが、その内容は

  • モノゴトを決める段取りやフレームワーク
  • それらをサポートするロジックとファクト
  • 最終的な結論(メッセージ)

といったもので支えられてできています。

また正しくメッセージを伝えるために、一言一句、図の構成、配色その他、細部に至るまで見た目には徹底的にこだわり抜きます。

すると自然とプレゼンのスライド1枚1枚にも重みが出てくるのが普通です。

自分の作ったロゴに重みを感じない

一方で、ぼくのお試しクリエイティブのアウトプットは非常にシンプルな画像ファイル1枚のみ。

SVG形式でたったの6KB、PNGに落としても高々15KB程度です。

サイズはもとよりその見た目のシンプルさはハンパない。

つまり、これまで仕事でやってきたアウトプットと比べると極めて貧弱なわけです。

なんというか、これで本当に良いのかな、正しいアウトプットなのかこれは・・・という思いが抜けません。

それもそのはず。
勝ちパターンもなくロジックも通用しない=自分の武器が全く通用しない、という状態で出てきたアウトプットが貧弱そのものであると。

もう自信なんてあるわけないです。

ロジカルシンキングはあきらめ、結局最後は「エイヤ」

というわけで、最終的にはコンセプトは「エイヤ」で決め打ち。

デザイン部分はロジックもファクトも何もなしに右脳ひとつで「これだ!」と決めてかかり、最後まで一気に作りきりました。

コンサルティングで培った経験?ロジック?

そんな役に立たないものは頭の奥に引っ込んでますよ

まとめ:考えるな、感じろ!

というわけで、デザイン初学者のコンサルタントがぶつかった3つの壁をご紹介しました。

これらの壁はひとえにぼくの経験不足によるところもあるかもしれません。特に作風の部分。

これからもスキマ時間にいろいろ作って経験値をためて行こうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントはこちら

購読・フォローはこちら

あわせて読みたい

あわせて読みたい