ダイヤモンドプリンセスのクルーズ旅行記(2日目):終日航海

ダイヤモンド・プリンセスの甲板写真

2016年5月1日、快晴。

今日は終日航海日。寄港地の釜山に向けて、四国から九州をまわっていきます。

(といってもクルージング客にはあまり関係ないんだけども・・・)

7:30 起床、朝食

朝食が出るのは6時半から9時の間まで。

夕食とは違って席も時間も指定されてないため、自由な時間に自由にいただくことができます。

当然、朝6時半に食べて一度休んで9時前に二度目の朝食、なんてことも。

昨日の昼食と同じビュッフェ。

9:00 船内散歩

ダイヤモンド・プリンセスのデッキからの景色パノラマ写真

船内で妻とともに息子の散歩。

デッキは広く、階段もあるため、2歳の息子くんの散歩には十二分です。

端から端まで走り回ったせいか、妻と息子は部屋に戻って昼寝タイム。

11:00 プールサイドで読書

ダイヤモンド・プリンセスのプールサイド

その間に、デッキにあるプールサイドへ移動し読書。

持ってきていた「最高のリーダーは何もしない」を読む。

ビジョンや理念へ同感できることの大事さ、ビジョンを伝えることの大切さを実感。

同時に、弊社のビジョンってなんだ?自分はそのビジョンに賛同できているのか?いま感じている疑念はどこから出てくるのか?という思いも。

開放的で雑念の入りにくい環境で本を読むのはとても気持ちいい。

12:30 昼食

妻と子供を起こして合流し昼食へ。場所は朝食と同じ。ビュッフェ。

慢性的な満腹感が抜けない。でもせっかくあるから食べたい。

結局、無理して食べてしまう。夕飯まであと5時間しかないのに、ちゃんとお腹が空くか心配になる。

それにしても空がきれいです。

ダイヤモンド・プリンセス航海中の碧空

14:00 映画鑑賞

短い腹ごなしとしてデッキ散歩。

その後部屋に戻り、船内オンデマンド動画サービスで映画「アーロと少年」を流す。

2歳の息子は楽しんでいたものの、途中で寝てしまい、親2人が最後まで見て楽しむことに。

ちなみに「アーロと少年」の原題は「The good dinosaur」だそうですよ。いい恐竜。

17:30 夕食

もう夕飯か・・・お腹すいてないよ・・・

初日に両親が「いかに空腹をコントロールするかが勝負だ」と言っていた意味がようやく理解できました。

なんせ、朝昼晩の食事の中で夕食が最も豪華なんです。

ビュッフェだからと朝昼ガッツリ食べると美味しいものを食べ損ねる・・・

飽食きわまった贅沢すぎる悩みです。

場所は昨晩と同じレストラン。別料金で船内の別レストラン(寿司バーなど)を利用できますが、今回はスルー。

同じレストランといってもメニューは毎日変わります。毎日同じものを食べるわけではありません。

この日は牛フィレ肉のグリルが絶品でした。(写真忘れた・・・)

慢性的な満腹感が全く抜けてはいなかったものの、食欲に勝てずペロリと完食。

これは、太るぞ。

19:30 部屋で動画鑑賞

部屋に戻り、息子としばらく遊んだのち、家族3人で動画鑑賞。

1作目は、ABCMouseという子供向け動画。

A-Zの各アルファベットについて、それから始まる単語やアルファベットの語感そのものをモチーフにした歌を収録した番組。

息子くんがハマったらしく、この日はA~Mまで通して見ました。Mの歌がやたらかっこいい。

続けて映画「ダイバージェント」。

人間を性格に基づき5つの共同体に分ける、という世界観の中でどこにも属すことのできない「ダイバージェント」たる主人公がその社会システムの闇に切り込む、という内容。

しかし社会システムそのものができた根本原因やその解決まで踏み込むことなく、ただ一派閥の企てるテロリズムを阻止しただけでストーリーが終わってしまうあたり生煮え感が拭えず、別に見る必要もなかったかな、という印象です。

あとで気づいたんですが、Amazonプライムビデオで無料視聴できる模様。

20:30 船内のジムへ

思い立って、船内のジムで体を動かすことに。

この贅沢世界で流されるまま過ごすと頭も身体も腐りかねない、という懸念からです。

ジムは船尾の最上階にあります。

ルームランナーが5台、最新ウェイト系のマシーンが7種類くらい。

かなり広々しており、特に不自由なく使えました。

ルームランナー25分と一通りの筋トレ実施。

夕食後なので苦しいけど汗を書くのは気持ちいい。

夜のダイヤモンド・プリンセス

ジム帰りの夜景。

22:00 引き続き映画鑑賞

部屋に戻ってシャワーを済ませる。

「ダイバージェント」の続きを見ながら妻と息子とゴロゴロ。

二人はいつの間にか寝てしまった。

24:00 映画鑑賞

ぼくは眠気がこなかったため、引き続き映画「オデッセイ」を見る。

テレビCMで気になっていたためこれは絶対に見たいと思ってました。

技術を少しかじっている人間からすると「これどうなのよ」的な描写はありました。

いきなりOSをアップデートしろとか、宇宙船の全体制御プログラムのバイナリを直接編集するとか。

けれども、全体のストーリーは面白かった。

最後の宇宙遊泳のシーンは、ゼロ・グラビティほうがリアル感があったかもしれません。

26:00 就寝

調子に乗って映画を見まくったらこんな時間に。

でもクルージング中で自分を邪魔するものはなにもありません。

そんな贅沢な時間が許されるのが、クルージング。

おやすみなさい。

2日目のまとめ

終日航海日、船内のみで過ごすということでヒマを持て余さないか心配したが、杞憂でした。

散歩や食事、船内エンターテイメントを楽しむだけで1日が過ぎていきます。

(結局映画ばっか見ちゃった・・・)

明日も楽しみです。

3日目に続く。

ダイヤモンドプリンセスのクルーズ旅行記(3日目):釜山へ寄港
ダイヤモンドプリンセスのクルーズ旅行記(3日目):釜山へ寄港
ダイヤモンド・プリンセスでのクルージング3日目の旅行記です。

シェアやコメントはこちら

購読・フォローはこちら

おすすめ記事

あわせて読みたい