マジやめて!「よしなに」の意味を誤解した使い方が厄介すぎる

メガネ スーツ ムカつく 叱る 怒る なんて失敗してくれたんだ

仕事効率化マニアのNAEです。

仕事で何かを依頼する際、よしなにという言葉が使われることがあります。

  • 「よしなに作って」
  • 「ここらへんはよしなに」
  • 「よしなにでいいよ」

これ、ぼくの勤めているコンサル会社ではよく使われる言い回しです。

あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかしこの「よしなに」という言葉、実はものすごく厄介なんです。

特に仕事をする上では絶対に使ってほしくありません。

というか仕事で「よしなに」を使うこと自体間違っています

そこで今回は

  • 「よしなに」の意味と語源
  • 「よしなに」がいかに厄介か
  • 「よしなに」被害を避ける方法

について、お話したいと思います。

「よしなに」とは?意味と語源

そもそも「よしなに」の意味と語源はなんでしょうか。

<よしなにの意味>

「よいように」というのが本来の意味で、現代では「適当に」「よろしく」とかの意味に使われるようになっています。

この「よしなに」という語源の由来は、天孫ニニキネのお妃である「このはなさくやひめ」が三つ子を産み、お祝いに駆け付けてきた4人に、3つしかない胞衣を分けなければならなかったからで、「よしなにはからう」つまり、お互い喧嘩しないように分け与えることに苦慮したことが語源になっています。

(出典:imimatome.com

「よろしく」「(適切という意味での)適当」ということですね。

うん、曖昧だ。

この曖昧さがクセモノなんです

「よしなに」が厄介な理由

この「よしなに」、軽い話をしている中で使われる分には特に被害はありません。

しかし仕事上のやりとり(=ビジネス・コミュニケーション)においては厄介です。

なぜなら、曖昧さが無駄の温床になるからです。

例として、上司から「よしなに作って」と依頼された場合を考えてみましょう。

明日の会議資料、よしなに作っといて

承知しました

~1時間後~

できました。確認お願いします

イメージと全然違う。やり直し

は、はい

~さらに1時間後~

直しました。どうですか?

ここ、もっといい感じにして

・・・

~もう1時間後~

こんな感じですがいかがでしょう

大体OK。あと俺やっとくわ

(夜10時かよ・・・)

これの1~2往復目、無駄ですよね

「よしなに」からの「イメージと違う」、そして「いい感じ」というコンボ。

これじゃレビューと直しの往復回数が増え、仕事がどんどん後ろ倒しになるだけです。

さて、この原因はなんでしょうか。

「よしなに」は期待値が曖昧すぎる

1つ目は、成果物(アウトプット)に対する期待値、つまり仕事の完了条件が曖昧なことです。

そんな仕事はいつまでも終わりません。体力無限のイベントボスです。

仮に熱意と根性で押し切ってレビューOKが出たとしましょう。

しかしアウトプットが満たすべき条件がそもそも曖昧なんです。

おそらく上司はさらに上の人から激しくダメ出しを食らうことでしょう

そうすると、上司はきっと自分に激怒しにきます。

これじゃ誰も嬉しくないですよね。

頼まれる側に対して期待値が正しく伝わらない典型的な頼み方が「よしなに」です。

依頼する側すら仕事の完了条件を理解していないからとりあえず「よしなに」で振っとく、という最悪のパターンの場合、エンドレスなスパーリングが深夜まで続くことになります。

「よしなに」は責任範囲が曖昧すぎる

2つ目は、何をどこまで自由にやって良いのかが全くわからないという点です。

ありがちなのがこちらのパターン。

よしなに=全部お任せ、か。
→オリジナリティ発揮!
レビューでズタボロ

これ辛いんですよね・・・ぼくもやってしまったことが何度もありました。

たとえば、プレゼン資料を作る場合の「よしなに作って」の場合だと、

  1. そもそも何を伝えるのかを含めて全部任せるよ!
  2. 言いたいことが伝わるなら資料のレイアウトは自由でいいよ!
  3. 資料のレイアウトが「よくあるパターン」であれば細かい表現は任せるよ!
  4. 1つ1つ細かな表現に至るまでレビューするよ!

のいずれかが「よしなに」の一言にこめられています。

全く伝わらないですよね。

責任範囲をあいまいなまま人に仕事を振る頼み方。それが「よしなに」です。

最初から自分の責任範囲がわかっている方が「どこまで作りこむか」が明確なはず。

「よしなに」をもう少し具体的にできれば、上司も自分も無駄な作業をせずに済むのに・・・

「よしなに」を仕事で使ってしまう理由

このように仕事において厄介すぎる「よしなに」という言葉。

なぜまかり通ってしまうんでしょうか。

理由はだた1つ。怠慢です。

仕事を頼む側の怠慢

仕事を頼む側にすると、「よしなにお願いします」と言えばなんとなく依頼したふうになるもの。

しかし、期待値や責任範囲が不明確なまま仕事を振るのはただの怠慢です。

仕事はきちんと設計し、伝えるべきことを正確に伝えないと回りません。

たとえば6時間後の自分に「よしなにやっといて」と指示出しするとしましょうか。

6時間後の未来の自分、迷いなく動けますか?

未来の自分に仕事を振るという、精神安定&生産性向上系仕事ハック
未来の自分は今の自分じゃない他人なのである。したがって、今自分がもっているタスクやToDoをそいつに振ってももんだいないよね。無茶な理論に見えますが、これ実はとても良いことなんです。

仕事を受ける側の怠慢

仕事を受ける側にも怠慢があります。

「よしなにお願い」と依頼を受けたとこい、認識の食い違いや不明点がないか検証せず、脊椎反射的に仕事を受ける。

「仕事は指示する側が設計すべき」「自分は指示をこなすだけ」と考える。

これではいつまでたっても「よしなに」被害は避けられません。

依頼されたことに本質的な意味があるのか、どのように成果に貢献するのか、そのために作るべき物は具体的に何か。

2段階上の視点から上司の指示を検証しないと、上司の怠慢による「よしなに」依頼は是正されることなく続くのです。

全ての仕事には意味があるべきだし、意味が無い仕事はしてはいけない
目の前の仕事に意味が無いと感じているなら、ぜひ2段階高い視点からその意味を検証しましょう。

「よしなに」による無駄を防ぐ方法

資料作り

このような「よしなに」による時間&労力&精神面での無駄な被害はどうすれば防げるのでしょうか。

ひとつ、いいツールがあります。成果物イメージです。

成果物イメージとは

成果物イメージとは、実際に作るものの設計書です。

  • その仕事の目的はなにか
  • 目的達成のために作るべき成果物はなにか
  • 成果物には何がどう表現されていればよいか

といった要点を、成果物作りを始める前に固めてしまうためのツールです。

コンサルの人たちはアウトプットイメージと呼びます。

成果物イメージの具体例:Excel

たとえばExcelで何かしらを集計・分析する場合ですと、

  • 分析結果サマリシートのレイアウト(分析の軸)
  • 何をどう分析するかのロジック
  • 集計元のデータシートの縦軸(行)と横軸(列)
  • 収集するデータの範囲と粒度

というところまで踏み込みます。

こうすることで、どんなデータをどの範囲・粒度で集めればよいか明確になりますね。

すると不要なデータを集める無駄を省けますし、収集が難しいデータがあるリスクも事前に検知できます。

成果物イメージの具体例:プレゼン資料

たとえばPowerpointでプレゼン資料を作る場合ですと、

  • 目次(全体のストーリー)
  • 各章のスライドの構成(章別のストーリー)
  • 各スライドで伝えるべきこと(1スライド1メッセージ)
  • それをどのように表現するか(ロジックやレイアウト)
  • それを裏付けるために必要なインプット

といった感じです。ここまで決まっていればあとは作るだけ状態です。

各スライドのつながりが保てるなら、各スライドを複数人で分担して作れそうです。

作業分担の観点からも、成果物イメージは重要なんです。

スポンサーリンク

「よしなに」と頼まれたらこう返そう

ここで大事なことが1つあります。

成果物を作り始める前に成果物イメージの合意を取り付けることです。

「よしなに作って」
→「こんなイメージのものを作ります」
→「OK」

というやりとりでゴールを固めるのです。

こうすることで、

  • 相手の期待値を引き出すことができる
  • もし期待値が曖昧な場合、その場で決めることができる
  • 具体的なこだわりポイントを先出しで把握できる

といったメリットがあります。

もし誰かから「よしなに作って」と言われた場合、

「承知しました。ではまずは成果物イメージの認識合わせをさせてください」

と議論をふっかけましょう。

スポンサーリンク

まとめ:「よしなに」は仕事で使わないで

以上、「よしなに」は仕事では使ってはいけないというお話でした。

プライベートであれば「よしなに」は

  • よしなにお願いします
  • どうぞよしなに

など「よろしく」と同じ意味を美しく表現する日本語です。

しかし仕事とプライベートは違います。仕事において曖昧さは無駄の源なのです。

もし仕事で「よしなに」を使いたくなったら、「よしなにって、具体的には?」という問いをかけるよう心がけたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

あなたにオススメの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. doubleM より:

    これ、ものすごく制作現場あるあるですよね;
    手前味噌で恐縮ですが、私も過去にこの「曖昧さ回避」について書いたことがあります。
    http://blog.niteandday.tokyo/entry/how-to-think#ケース3–自分に判断権がなくかつ考える対象が曖昧な場合
    「よしなに」ワードが出てきたら、最速でのイメージ共有が必要、ということを今後も肝に銘じます。

  2. NAE より:

    doubleMさん、コメントありがとうございます。ご紹介いただいた記事を読みました。コンサルティングとも共通するノウハウがちりばめられていてハッとさせられました。松竹梅案で真ん中に持っていくものとかまさに!という感じです。
    デザイン思考、ぼくも勉強中です。折につけ、ブログ拝見しに行きますね!

  3. doubleM より:

    なえさん
    ありがとうございます♪
    私自身も、デザインコンサルタントを経験していますので、アプローチの方法なんか、すごく共通するところがあるんじゃないかなと思っています!
    私も色々参考にさせていただきますm(_ _)m