naenote.netへようこそ

ガジェット大好きコンサルの運営する
レビューブログです

レビュー記事一覧

手間いらずの仮想通貨ポートフォリオ管理サービス「Coinboard」が超便利

仮想通貨ポートフォリオ管理にものすごく便利なWebサービス「Coinboard(コインボード)」の紹介です。

  • どの通貨をいくらぶん持ってるのか?
  • トータルの損益は?各通貨別の傾向は?

といった、投資リバランスの判断に必要は情報の管理を、最小の手間で行えます。

複数の取引所を使っているなら絶対に使うべき、理想的なサービスです。

Coinboardの特徴

Coinboardは、仮想通貨ポートフォリオを可視化するWebサービスです。

取引所とのデータ連携により、最新のポートフォリオを最小の手間で把握できます。

メジャーな取引所に対応

Coinboardが対応している仮想通貨取引所の一覧

Coinboardは、メジャーな取引所とデータ連携が可能です。

CoincheckbitFlyerなど、「とりあえず登録だけでもしておけ」と言われる国内大手の取引所に加え、Binanceなど海外の取引所にも対応しています。

取引の手入力が不要

Coinboardでは、Cryptfolioなどのアプリのようにどの通貨をいくらで買ったかを手入力する必要がありません

データ連携することで、取引所から売買データを自動的に取得しているためです。

ポートフォリオの最新状況を、最小の手間で把握できます。

日本円で表示できる

Coinboardの資産画面

Coinboardは、総資産を日本円で表示できます。

海外の取引所を使っていると「BTCやETH建てで他の通貨を買う」事が多いもの。

すると、結局いま資産全体は日本円でいくらなのか、見えづらくなります。

Coinboardは、すべての仮想通貨を日本円に換算して表示してくれるので、とてもわかりやすいのです。

無料かつ広告なし

Coinboardは無料で使えるのに、広告が表示されません。

Cryptfolioなどのアプリは、マネタイズのため広告がボコボコ出てきて、少しうっとおしいもの。

しかしCoinboardは、どこを見ても広告がありません。使う側として嬉しい限りです。

Coinboardの使い方

そんな理想的な仮想通貨ポートフォリオ管理サービスであるCoinboard。

アカウント登録やAPI連携を済ませれば、今からでも使えます。

1. アカウント登録する

  1. Coinboardのトップページから「アカウント作成」
  2. ユーザ名、メールアドレス、パスワードを登録
  3. メールアドレスに届いたURLをタップしてログイン

画面の指示に従って操作すればすぐに完了します。

2. 取引所とAPI連携する

  1. 取引所アカウントの追加ページを開く
  2. 取引所を選び、API連携(自動)を選択
  3. 取引所から「APIキー」「APIシークレット」を取得
  4. Coinboardに「APIキー」「APIシークレット」を入力

「APIキー」「APIシークレット」は聞きなれない言葉だと思います。

が、Coinboardのサイトにとてもわかりやすい解説と、画面イメージつきのガイドが載っていますので、迷うことはないと思います。

3. ポートフォリオを確認する

ホーム画面に戻ると、資産ポートフォリオが円グラフで表示されます。

以上です。簡単ですね!

Coinboardを使ったポートフォリオ管理の手順

では実際、Coinboardを使ってどのように仮想通貨のポートフォリオ管理(リバランス)ができるか、手順を見てみましょう。

1. 資産全体からリバランス方針を判断する

Coinboardの資産画面

「BTCを減らしたいな」「JPYもっとTRIGに入れたいな」など判断します。

2. 通貨別取引所別の保有状況から、売買方針を判断する

Coinboardの通貨別資産状況

円グラフの下に、通貨別の内訳が表示されていますので「詳細」をタップ。

 

Coinboardの通貨別取引所別保有状況

通貨別に、取引所ごとの保有量が表示されます。(上の画像ではCoincheckだけですが、取引所が複数なら複数行表示されます)

ここで「Coincheckで0.3 BTCだけ売ろう」など判断します。

3. 取引所で売買をおこなう

Coincheckの取引所画面

取引所のサイトやアプリから、売買をおこないます。

4. Coinboardで売買結果を見る

売買データは、Coinboardへ自動的に反映されます。資産総額と通貨別のバランスを確認しましょう。

もし反映ていない場合、「残高更新」ボタンをタップします。(おそらく、技術的な制約でリアルタイムでの反映は難しいものと思います)

Coinboardは「計画」と「実行」を分けられる

Coinboardを使うと、仮想通貨投資における「計画」と「実行」を明確に分けることができます。

  • 計画(状況把握と判断) → Coinboard
  • 実行(売買注文を出す) → 各取引所アプリ

なぜ「計画」と「実行」を分けるべきか

これのいいところは、視野の狭い取引をせずに済むことです。

取引所アプリを使って仮想通貨を売買していると、どうしてもその場の値動きに目が行ってしまいます。

すると5分足チャートや板など、細かすぎる情報に気を取られるあまり、部分最適な投資判断をしてしまいがちです。

しかし、投資の目的はあくまで「資産全体を増やすこと」であるはず。資産全体を見渡したうえでの判断をすべきでしょう。

Coinboardは視点が切り替えやすくする

Coinboardは、「どの通貨をいくらぶん買った」など、売買の実行に関する情報を入力する必要がありません。

そのため、Coinboardを開く=資産全体を見渡す「計画」の視点へ立ち戻る、という視点の切り替えが無意識に行えます。

売買データを手入力しなければならない仮想通貨ポートフォリオ管理アプリではできないことです。

まとめ:Coinboardおすすめです

以上、理想的な仮想通貨ポートフォリオ管理サービスCoinboard(コインボード)の紹介でした。

取引所をまたいで複数の仮想通貨を持っている人は、ぜひ使ってみてください。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク