レジ決済は少額でもカード払いすべきと実感した3つの理由

シェアする

クレジットカード払い

カード決済はもっと広まるべき

ぼくはこれまで、レジでお金を払う際は現金や電子マネーなど「現物払い」をしてきました。

しかし「クレジットカードの読みもの」さんのコチラの記事を読んでから、額によらずすべてのレジ決済をカード払いに切り替えてみました

カード払いが遅いとか言ってる人は、コンビニでカード払いを試して欲しい!たぶん決済スピードの速さに、驚かれること間違いなしです。 - クレジットカードの読みもの
もうタイトルだけが全ての記事です。 クレジットカード払いが遅いとか、邪魔だと言ってる現金主義な方は、是非、騙されたと思ってコンビニでカード払いしてみてください。 これを実際に試していただければわかりますが、あまりのスピード決済にカードに対するイメージが変わること間違いなし。冗談ではなく、『へっ、もう支払いが終わったの?...

するとあら不思議、快適快適すっごい快適。

なんでこれまで現金払いにこだわってきたんだろう?という気分です。

クレジットカード払いは、もっと広まっていい。というお話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カード払いをためらっていた理由

現金や電子マネーなどの「現物払い」をしてきた理由は、ありません。それまでの習慣です。

これまでぼくは

  • コンビニや飲食店、ドラッグストアなど、3000円もいかない日頃の少額支払いは現金や電子マネー
  • 5000円を超えてくると「クレカ使うかな?」と言う気になってくる(でも現金で払うときが多い)
  • 1万円を超えるとやっと「クレカにしよう」となる

という謎の基準で支払い方法を切り替えていました。

気持ち一つ、根拠レスになんとなく「現物払い」を重視していました。

カード払いは思った以上に快適だった

そこで出会ったのが、コンビニ払いでもクレジットカードを使おうよ!と提案しているクレジットカードの読みものさんの記事でした。

カード払いが遅いとか言ってる人は、コンビニでカード払いを試して欲しい!たぶん決済スピードの速さに、驚かれること間違いなしです。 - クレジットカードの読みもの
もうタイトルだけが全ての記事です。 クレジットカード払いが遅いとか、邪魔だと言ってる現金主義な方は、是非、騙されたと思ってコンビニでカード払いしてみてください。 これを実際に試していただければわかりますが、あまりのスピード決済にカードに対するイメージが変わること間違いなし。冗談ではなく、『へっ、もう支払いが終わったの?...

少額でもクレジットカード使っていいんだ…

目からウロコでしたよね。

これまでクレジットカードは高額決済のときに使うものだという思い込みをしていたので。

それから3ヶ月間、レジ決済をなるべくカード払いで済ませるようにした結果がコレ。

もうやめられない
スポンサーリンク

少額のレジ決済でもカード払いすべき理由3つ

というわけで、3ヶ月くらいクレジットカード決済を使いまくって実感した常時カード払いのメリットを3つあげてみます。

電子マネーと同じくらい早い

一つ目は、決済が早いこと。

SUICAやEdyなどの電子マネーで払うのと同じくらい早いです。

少額決済はサインレスでいけるので、カードを渡して読み取ってもらって、レシートと一緒にカードを受け取っておしまい。

小銭を数えて渡す、店員さんが小銭をレジから出す、みたいな煩わしい時間がゼロになります。

小銭がいらない

二つ目が、小銭を持たなくてよくなること。

何年か前に「お釣りの小銭枚数を減らすためにちょうどいい額を計算して渡すゲーム」が流行りましたよね。

そういう計算、いりません。むしろ小銭なんて持ち歩かなくて結構。

楽ちんだし財布は軽いし、良いことづくめです。

ポイント還元で常に割引状態

最後に、クレジットカードだとポイント還元が常に受けられること。

ぼくはかれこれ5年くらい楽天カード を使っているんですが、何も考えず店で支払いに使うだけで1%のポイント還元が受けられます。

レジで払うお金、少額とはいえ積み上げるとバカになりません。

買い物の額によりますが、カード払いにするだけで月に500〜1000円くらいはポイントがもらていると思います。

キャンペーンとかちゃんとエントリーすればもっといくんでしょうし、別のカードだともっと還元率が高い場合もあるんでしょうけど、そこらへんはちゃんとできていません…

スポンサーリンク

まとめ:カード払いはもっと広まっていい

これまでイメージ先行で少額決済のカード払いを敬遠していました。

しかし、いざやってみると本当に快適です。

ポイント還元があるぶん、電子マネー払いよりもメリットがあるんじゃないかな。

クレジットカードの読みものさん、きっかけをいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事

関連記事