え、ハウスクリーニングも?Amazonプライム特典が増え続ける理由

▼気になるニュース あのベストセラースマホP9 liteが定価の半額に…楽天モバイルセール情報

Amazonハウスクリーニング

こんにちは、AmazonウォッチャーのNAEです。もちろんプライム会員です。

米Amazonがプライム特典にハウスクリーニングを追加するのでは?というウワサが立っています。

参考:ニュース – Amazon.com、Primeの特典にハウスクリーニングサービスを追加か:ITpro

なぜAmazonはそんなにプライム特典を追加したがるのか?

日本では月額たった325円という激安価格なサービスなのに、Amazonにメリットはあるんでしょうか?

ハウスクリーニングを追加特典に選んだ理由とともに、Amazonの意図を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonがプライム特典を追加し続ける理由

理由は、このグラフを見ればわかります。

Amazon利用額の推移

2015年にグイッーーーーと上がっていますね。

これは、ぼくのAmazonでの買い物額の推移です。

2014年の後半にAmazonプライムに加入してから、Amazonで使う金額が大爆発しています。詳しい事情は下記記事にまとめました。

Amazonプライムは沼。丸め込まれて解約できなくなるまでの話
Amazonプライムは沼。丸め込まれて解約できなくなるまでの話
Amazonプライムに出会って、ハマって、抜けられなくなるまでの歴史。しかしこの沼、心地よい。

さてこの現象、どうやらぼくだけではないようなのです。

冒頭で紹介した記事の引用元であるSeattle Timesにはこうあります。

Most important, it gains loyal shoppers. Members spend twice as much as nonmembers do ($1,200 annually on average, according to Consumer Intelligence Research Partners, a research firm.)

(出典:Amazon looks to clean house — literally | The Seattle Times

Amazonプライム会員のAmazon利用額は非会員の2倍、平均で年1,200ドル

つまりAmazonにとってプライム会員はロイヤルカスタマーという名の金のなる木ということ。

同記事によると、プライム会員による売上はAmazonの事業の柱になっているそうです。

The success of the program has been such that it has become one of Amazon’s main “pillars,” multibillion-dollar revenue generators. Nearly half of U.S. households belong to the program, according to analysts.

したがってプライム会員数はAmazonのビジネスパフォーマンスに直結すると言えます。

特典を追加するコストをかけてまでプライム会員を増やすメリットがそこにあるということでしょう。

アメリカではすでに半数の家庭がAmazonプライムに加入

一方アメリカでは、半数近くの家庭がAmazonプライムに加入しているという分析も。

参考:Nearly half of U.S. households belong to Amazon Prime, report says | The Seattle Times

プライム会員数を増やしたいAmazonとしては、飽和状態を打破すべくサービス特典をより魅力的にして集客を図るのはごく自然な行いです。

ハウスクリーニングサービスを追加してコストがペイすることも計算済でしょう。

しかし

ことハウスクリーニングとなると全く別の意図を感じざるをえません。

Amazonがプライム特典にハウスクリーニングを追加する意図

ヒントは、冒頭に紹介したニュースの一文に隠されています。

なおAmazon.comは2015年に「Amazon Home Services」を米国で開始した。
これはハウスクリーニングや家の修繕・リフォーム、水道工事といったサービスを仲介するマーケットプレースで、実際にサービスを提供するのは外部の業者。
今回のホームアシスタントはAmazon.comが直接雇用する人材であり、このマーケットプレース事業とは異なるようだと米メディアは伝えている

Amazon直属の人が家に来る

これ、「顧客理解」のために超重要なポイントです。

Amazonは顧客のリアルを感じたいのではないでしょうか。

売上や買い物の向こう側には、実にリアルな顧客の思いがある

Amazonのネットショッピングは言わばデジタル世界のでっかい小売店です。

デジタル世界の店(=Webサイト)ではお客さんの動きをつぶさに観察できます。

  • どの商品ページを見たのか?
  • どのボタンやリンクを押したか?
  • 買い物カゴに入れる割合は?
  • いくら買ったのか?
  • 再訪までの期間は?

Amazonは当然、これらのデータに基づいてより使いやすく買いやすいようWebサイトを改善しています。

しかしデジタル世界の店でわかるのは、あくまでデジタル店舗内の動きだけ。

なぜ顧客がその商品を買ったのか?

どういう背景からそれを欲しいと感じたか?

そんな顧客のリアルな思いはAmazonにとって闇の中なのです。

買い物という体験における顧客の思いを理解したい

ならばリアルの世界に飛び出そう

その第一歩が、路面店だったんだと思います。

参考:米アマゾン、実店舗に本格参入 ネット通販を補完 :日本経済新聞

Amazonはもともとはネット店舗。リアルに進出するには実店舗を出す。至って自然な発想ですよね。

実物の小売店でどのような顔をしながら商品を選び、見て、手に取り、カゴに入れ、買うのか。

データにならない顧客の思いを非言語的に観察・理解するにはリアルに触れあうのが一番です。

しかし店舗は店舗。買い物客の行動の裏にある生々しいストーリーまではわかりません。

顧客のストーリーを知るには店舗では力不足

そこで、Amazon直属のホームアシスタントによるハウスクリーニングサービスが登場します。

ハウスクリーニングは家のすみずみ、生活のさまざまな側面に触れるサービスです。レビューには書かれない、実にリアルなストーリーを垣間見られるはず。

  • こんな生活、こういう事情。だからこのアイテムを買わないといけない・・・
  • そんなアイテムを買う場所としてAmazonを選んだ理由は3つあって・・・

デジタル店舗と違って取れるデータの数は少ないですが、得られる顧客理解は実に深いはずです。

つまり、ハウスクリーニングサービスはお得な特典であると同時に、Amazonが顧客を深く知るための施策なのではと思います。

Amazonは八百屋のおっちゃんになりたい

たぶん、Amazonは商売上手な八百屋のおっちゃんになりたいんだと思います。

常連さんとは顔見知り。世間話を通じて生活ぶりもわかってる。表情を見ればどんなこと悩んでるかもなんとなくわかる。

そこに旬のネタをマッチさせて上手に売る。なんならオススメの野菜も一緒に買ってもらってレシピの紹介もしちゃう。

常連さんもハッピー、おっちゃんもハッピー。

Webサイトは顧客接点のひとつに過ぎません。そこでの顧客の動きから得られるデータだけでは知れること、できることには限りがある。

顧客のリアルを理解し、深くて生々しい顧客のストーリーを知るにはWebサイトでは足りないのです。

ハウスクリーニングサービスを提供するだけなら業者と提携してアウトソースすればいい話です。

そっちの方がサービス品質はより高く、コストとリスクはより低くできるはず。

しかしそこにあえて、Amazonに務める人材を持ってくることで、「顧客理解」の一助とする。

そんな意図が透けて見える気がします。

データに基づき顧客一人ひとりにカスタマイズされた適切なサービスを提供できる。これがデジタル技術の強みと言われています。

その強みを活かし、デジタル世界でリアル店舗を蹂躙してきたディスラプターの代表格であるAmazonがあえてリアルに回帰する。

なかなか皮肉なものですね。

まとめ:Amazonプライムはこれからも進化する

というわけで、

  • Amazonがプライム特典を追加し続ける理由
  • ハウスクリーニングを追加する意図の考察

の二本立てでお送りしました。

ハウスクリーニングサービスは今のところアメリカのAmazonだけの話で、日本に来るかは不明です。

もし来たとしても人によっては気持ち悪いと思うかもしれません。
来なかったとしても、Amazonプライム会員がAmazonの売上の柱という事実からすると、日本のAmazonプライムに対しても今後特典が追加されていくことは確実です。

Amazonプライムにどっぷり浸かったぼくとしては嬉しい動向。ニヤニヤしながら今後もAmazonの情報を追っかけていこうと思います。

現時点のAmazonプライムの特典については公式ページからどうぞ。

詳しくはこちら

Amazonプライム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントはこちら

購読・フォローはこちら

あわせて読みたい

あわせて読みたい