「捗る」を極める情報メディア

「捗る」を極める情報メディア『NaeNote』

WordPress

AFFINGER4は万人にはおすすめできない。買う前に答えるべき3つの問い

投稿日:2017年2月9日 更新日:

話題の有料WordPressテーマAFFINGER4を買いました。

構築中の新サイトに導入して触ってみている中で気づいたことがあります。

AFFINGER4は、ぼくに3つの問いを突きつけてきている。

そこで今回は、それら問いをもとにAFFINGER4を購入すべき人の基準を探ります。

AFFINGER4を買うか迷っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

AFFINGER4とは

参考 AFFINGER4

AFFINGER4とは、WordPressで使える有料テーマの1つです。

作者はアフィリエイターとして名を馳せているENJIさん。

結果を出している人が「これは必要だ」と感じる機能、つまり稼ぐための機能がふんだんに盛り込まれているのがAFFINGER4の特徴です。

発表は2016年の9月。3ヶ月に1度くらい機能追加のアップデートがなされており、今なお進化中のテーマです。

値段は買い切りの9,000円。1万以上する有名テーマ「STORK 」や2万円超えの「賢威 」よりは安いです。

AFFINGER4を買ってみた理由

とはいえ、9,000円は気軽に買える値段ではありません。

でも買ってしまいました。理由は3つあります。

AFFINGER4製のサイトはだいたいキレイ

「AFFINGER4を入れました!」

と書いてあるブログやサイトはだいたいデザインがキレイです。

きらびやかというより、デザインの基礎がしっかり守られており、見ていて安心感があります。

最低限のラインが守られるようテーマ側でしっかり基礎が固められている印象です。

使い始めた人の好レビュー

そして実際にAFFINGER4を導入した人の多くがAFFINGER4を高く評価しています。

他のテーマからAFFINGER4に鞍替えした人からはこんな意見も。

逆にAFFINGER4やめとこうぜ系のレビューといえばこちらくらいしか見当たりません。

参考 【正直レビュー】AFFINGER4を使ってみたよ(WordPress 有料テーマ) | WordPress | ブログ部

複数サイトで使い回しが可能

最後にぼくの背中を押したのは、1回買えば複数サイトで使い回しができる点です。

ぼくはブログからスピンアウトしたミニサイトをいくつか作ろうとしています。

なのでサイト毎に課金されないのはコスパの点で嬉しいポイント。

頭の中を書きなぐる別ブログでもAFFINGER4を使っています。

参考 10分ブログ | 1記事10分で書くブログ。心動いたコト・モノを手短に紹介します

AFFINGER4のざっくりレビュー

というわけで、いろいろいじって見えてきた良いところと悪いところを紹介します。

良いなと思ったところ

カスタマイズでいじれる項目が多く、ほとんどコードをいじる必要がありません

特に驚いたのが、

  • 記事上下のおすすめ記事の表示
  • カテゴリ別のコンテンツ出し分け
  • 記事内のハイライト表示ボックス

など、当ブログでクリック率を計測した結果、高い効果が認められた機能群がデフォルトで入っていたこと。

アフィリエイトで実績を上げている人が作っただけあります。

イマイチと思ったところ

逆にイマイチだと感じたのは、基本テーマ色やパーツごとの色合いなど基礎的なデザイン以外は自前でがんばる必要があること。

たとえば

  • オシャレなカルーセル型おすすめ記事
  • フワッと浮き出るキャッチーなサイドバー
  • 文字が震えるなどのおもしろ演出

など、キャピキャピ系のカスタマイズはほとんど入っていません。

プラグインやCSSで補完する必要があります。

AFFINGER4を買う前に答えるべき3つの問い

そんなある意味ストイックなAFFINGER4を触っているうちに、気づきました。

AFFINGER4を買う前に、答えるべき3つの問いがある。

お前が作りたいのはメディアとサイトどっちだ

1つ目は、メディアとサイトどっちを作りたいんだというもの。

正直いって、ブログやメディアとしてのデザインはストークのほうがキャッチーです。

バイラルメディアのようなキャピキャピしたものをお手軽に作りたいならAFFINGER4を使うべきではありません。

AFFINGER4は「稼ぐサイト」を作るためのテーマです。主役はあくまでコンテンツであり、装飾は必要最低限でよい。

つまり、装飾や賑やかしで楽しませるメディアではなく、コンテンツで勝負するサイトを目指せと言っているのです。

お前がほしいのはPVとCVどっちだ

2つ目は、PVとCVどっちを追いたいんだというもの。

PVはページビュー。何人に見られたかという指標です。CVはコンバージョン。何人が買ったかを示す指標です。

AFFINGER4には、SEO対策系機能などPVの地力(検索流入)を高める仕組みや、SNSシェアボタンなどバズで突発的にPVを高める仕組みはもちろん備わっています。

しかし、AFFINGER4の本領はむしろCVにあります

  • コンテンツの質を高めるタグ群
  • 記事作成に便利なショートコード群
  • アフィリエイトに必須の商品ランキング機能

もちろんPVは大事です。しかしAFFINGER4はCVを大事にします。

小手先のテクニックで稼ぎの少ない薄いPVを稼ぐのではなく、記事コンテンツに注力することで確実なCVアップを目指せと言っているのです。

お前がほしいのは名声と収益どっちだ

3つ目は、得たいのは名声と収益どっちだというもの。

WordPressは無垢で自由なプラットフォームです。

その上にAFFINGER4という色を塗って、あなたは一体何を目指しますか?

自己ブランディングですか? 収益化ですか?

AFFINGER4はブランディングには向きません。自己紹介ウィジェットやSNS連携系の機能が必要最低限である点がそう語っています。

一方、AFFINGER4の収益化機能は非常にきめ細やかに作り込まれています。「稼ぐサイト」を目指せと暗に言っているのです。

AFFINGER4を買うべき人、買わないべき人

以上の3つの問いに対し、下記のように答えられる人は迷わずAFFINGER4を買うべきです。

  1. お前が作りたいのはメディアとサイトどっちだ?
    → コンテンツで勝負するサイトを作りたい
  2. お前がほしいのはPVとCVどっちだ?
    → 薄いPVより、確実なCVがほしい
  3. お前がほしいのは名声と収益どっちだ?
    → 名声よりも収益がほしい

 

さて、あなたはどうでしょうか。

キャッチーでキレイなブログを作ってニヤニヤしたいですか?

読者やフォロワーにちやほやされる有名人になりたいですか?

もちろん、そういう方向性もありだと思いますし否定はしません。

ただし、そんな人にとってAFFINGER4はフィットしないでしょう。

AFFINGER4はあくまで「稼ぐ」に特化したテンプレートです。

稼ぐために必要な機能は高品質に提供し、人気取りの機能など不要なものはストイックに削ぎ落とされています。

そのため、いわゆる「人気ブロガー」になりたい人にはAFFINGER4は地味で貧弱に映るでしょう。

やりたいことをやるのに相当な分量の自前カスタムが必要で、かなり苦労すること必至です。

逆に「稼ぐ」を極めたい人にとって、AFFINGER4は宝物になと思います。

まとめ

特に目立たず静かに暮らしつつ、ひそかにすごい収益を上げている。

そんな仙人のような存在を目指す人にはAFFINGER4はおすすめです。

9,000円は正直高い買い物ですが、紹介した3つの問いに「サイト、CV、収益」と答えた人にとって買って損はありません。

ちなみにAFFINGER4は機能追加・強化にあわせて随時値上げされています。2016年9月の発表当初は5000円、ぼくが買った2017年2月は6,500円でした。

今後も値上げされないとも限らないので、買うなら早いうちがおすすめです。

ちなみに下記リンクから買うと500円引きの8,500円になります。よかったらどうぞ。

逆に「AFFINGER4いらねえや……」と思った方は、おすすめ無料テーマもご紹介していますのであわせてどうぞ。

よく読まれている記事

-WordPress

Copyright© 「捗る」を極める情報メディア『NaeNote』 , 2017 All Rights Reserved.