マネー

衝動買いで無駄な買い物してしまう前に、自分に問うべき5つの質問

投稿日:2016年6月13日 更新日:

考えている女の子

買ったけど使わなかった。

買ったけどしまう場所がない。

買ったけど捨てられない。

そうしてどんどん家に使われないモノが溜まっていく・・・

 

いわゆる衝動買いあるあるだと思います。

これではとても賢い買い物とは呼べません。

では、どうすれば良いのか?

答は簡単です。自分に対して5つの質問をぶつけてみるだけで、ほとんどの衝動買いは解消できます。

スポンサーリンク

衝動買いで無駄な買い物をすると後悔してしまう理由

衝動買いした後はなぜ後悔するのか。

理由は、その後をよく考えずに買ったから。この一言に尽きると思います。

 

衝動買いはその場の欲求不満や物欲を満たす手段です。

決してあなたの生活を心地よく変える行いではありません。

買ったものによって生活がよりよくなることこそ、後悔しない買い物の秘訣です。

そのためには買う前に「本当にこの買い物は自分の生活をよりよくするのか?」を考えなければならないはず。

加えて、買った物を使う、しまう、管理する、手放すところまで具体的にイメージができることが、納得感の高い買い物には不可欠なのです。

 

衝動買いする前に!自分に問うべき5つの質問

これらを検証するために、衝動買いをしてしまう前に自分に問うべき5つの質問があります。

1つずつ、例を交えながらご紹介していきます。

質問1:この商品は自分の何を変えるの?

まずはその商品を買う理由をハッキリさせます。

なんでこれを買わないといけないんだっけ?ということですね。

キーワードは物欲 vs 投資です。短期 vs 長期と言い換えてもいいかもしれません。

物欲のための買い物とは、その瞬間に湧き上がった負の感情を満たす手段としての買い物のことを指します。

短期的には満足できるかもしれませんが、中長期で見ると無駄になってしまうことが多い。

成金のよくやる「ココからココまで全部ちょうだい!」的な爆買いもこの類かと思います。

一方、投資のための買い物は買った商品によって得られる価値を明確にしたうえで行う買い物です。

投資を考える際に外せないのが投資対効果(ROI:Return On Investmet)という言葉。

得られる効果や価値と投資するお金や時間を天秤にかけることで投資すべきかを判断する、という考え方です。

投資対効果を測るには効果や価値=その商品を買う(買わなければならない)理由をハッキリさせないといけません。

この商品は何を変えてくれるの?
=どのような価値をもたらすの?

この質問なしに、一時の感情にまかせてモノを買うと

「なんか思っていたのと違う!」

と、実際に得られた価値が期待値を下回ってガッカリしてしまうのでご注意を。

質問2:どう使うの?(本当に?)

次に、その商品の具体的な使いみちを検証します。

ここでのポイントは、TPO(Time, Place, Occasion) + Howの観点で超具体的にイメージすることです。

たとえば服であれば

  • TPO:どのような場面で着るか
  • How:どのようなコーディネートをするか

たとえばガジェットであれば

  • TPO:どのような場面で使うか
  • How:そこでの具体的な使いみちは

このように、その商品を使っている自分をイメージすることを通じて用途を明確にしていきます。

ところで、最近のCMは具体的な利用シーンまで見せてくるものがほとんどですよね。

そのためTPO + HowをイメージするときにCMの画面を思い浮かべてしまう場合があります。これでは足りません。

そのため、さらに

  • このTPOって本当に自分に起こりうる?
  • このHowって本当に自分やる?
  • もしNoだとして、今後それをやる覚悟がある?

という点で本当?を検証します。

どう使うの?(本当に?)
=使っている自分がイメージできる?

この質問が抜け落ちると

「買ったけど使わない!無駄だった!」

ということになってしまいます。

質問3:どこにしまうの?(しまえるの?)

その商品を買う理由と使いみち(使っているときのイメージ)もハッキリしているとして、

次に考えるべきは使っていない時はどうするのかです。平たく言えば、

  • どこに収納するの?
  • どこに置いておくの?
  • 持ち運ぶときは何に入れるの?

など、その商品の保管・管理をどうするのか、ということです。

たとえば、

  • 服であれば、タンスやクローゼットの空きがないと話になりません
  • インテリア小物なら、飾るスペースがないと床置きになります
  • ガジェットなら、フィットするカバンがないとち運ぶ気になりません

その商品が目の前に出されていて、今まさに使っている。

そういう状況はイメージがつきやすいと思うのですが、使っていないときはどこにしまうのかは見落としてしまいがちです。

どこにしまうの?(しまえるの?)
=生活スペースやカバンのキャパは?

この質問をしないままモノを買うと

「しまうところがない!散らかる!」

という状況に陥ります。それでも気にならないならいいですが・・・汚部屋は嫌ですよね。

質問4:どうなったら手放すの?

商品との過ごし方がすべて明らかになったところで、さらに手放すための条件を考えていきます。

買うと手放すはワンセットです。買ってばかりで手放さずにいると、気づいたら家にどんどんモノが溜まっていくばかり・・・

定期的にモノの整理(断捨離)をするのであればいいのですが、そうでない人は、買うタイミングで手放す条件を考えておくべきです。

そのほうがモッタイナイ病やステラレナイ症候群を抑えることができます。

たとえば

  • 壊れるまでは使い続ける
  • 1シーズン着たら手放すことを考える
  • 新製品が欲しくなったら手放す

という感じ。どのくらいの長きに渡ってこの商品を使うつもりなのか?と言い換えることもできますね。

ちなみに手放す方法としては、環境配慮の3Rになぞらえるのなら

  • Reduce:そもそも捨てない(=買わない)
  • Reuse:誰かに譲る
  • Recycle:リサイクルショップに持ち込む

という具合でしょうか。そもそも手放すものに手間をかけたくないというのなら、何も考えずに廃棄というのも手です。

ちなみに、

  • 3RにRefuse(要らないものはもらわない、拒否する)を加えた4R
  • さらにRepair(手放す前に直して使い続けよう)加えた5R

というものもあるみたいですね。

質問5:その値段で納得できる?

ここまでで、なぜ買うのか、どう使うか、どこにしまうか、どのくらい使うか、という点を明らかにしてきました。

これだけ考え切れば、その商品を買うことそのものが無駄になることはほぼ無くなるはずです。

残るは、お金の話。これまでの質問の答えを考えた結果、目の前に提示されている商品価格は納得のいくものでしょうか

別に、売値の一番安い店を探し当てるまで買うな、と言っているわけではありません

安いに越したことはないですが、今すぐにでも買うべき明確な理由がある=買うことに納得できるのであれば、多少値が張ろうと買ってしまえばいいんです。

もし値段の観点で納得感に乏しいのなら、納得できる値段を明確にしたうえで

  • 値切る
  • 他の安い店を探す

とするしかありません。それが無理なら、値下げ(セールなど)を待つ、もしくは買わない、という決断になります。

衝動買いしそうな自分に問うべき質問まとめ

質問をまとめると以下の通りです。

  • 質問1:この商品は何を変えるの?
  • 質問2:どう使うの?(本当に?)
  • 質問3:どこにしまうの?(しまえるの?)
  • 質問4:どうなったら手放すの?
  • 質問5:その値段で納得できる?

これらの質問を念頭に買い物をしていれば、無駄な買い物は9割は減らせるはずです。

もしそれでも衝動買いがおさまらないなら、衝動買いで使ったお金の総額を記録しておいて自分に突きつけるのも手です。おすすめの支出管理アプリを下記記事で紹介しています。

 

まとめ:衝動買いや無駄な買い物をやめて質実剛健を目指そう

以上、すべての買い物を意味のあるものにするための秘訣というお話でした。

 

ぜひ質実剛健で、賢く、本当に価値あると信じられるものにお金を使う消費者を目指してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ関連記事

-マネー

Copyright© NaeNote , 2017 All Rights Reserved.