NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

鼻毛ワックス脱毛はコツさえつかめば痛くない。覚えておくべき3つのポイント

ライフスタイル ライフスタイル-ファッション
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

痛い!から爽快!へ

こんにちは、NAEです。

大事なときにちょろっと出てきたり、毛先がムズムズくすぐったかったり・・・一刻も早く消えてほしいこの鼻毛。みなさんどのように処理してますか?

ピンセットで抜く、ハサミで切る、鼻毛カッターを使うなど、いろいろ方法はありますが、今回は鼻毛のワックス脱毛についてお話したいと思います。

大量の毛を一気に引き抜くワックス脱毛というと痛そうなイメージがあると思いますが、実は痛くならないコツがあります。

今回は試行錯誤の結果見つけた3つのコツをお伝えしたいと思います。

ワックス脱毛とは

ワックス脱毛とは、液体を塗って冷やして固めてベリっと剥がして、そこにある毛を一気に引き抜くという脱毛方法です。

レーザー脱毛、ニードル脱毛と並び最もメジャーな方法として知られています。

参考サイト:

ワックス脱毛の仕組み

鼻毛ワックス脱毛の手順

鼻毛の脱毛ですので、ワックスを鼻に突っ込んで鼻毛に絡め、固めて引き抜く、というのがおおまかな手順です。

  1. ワックスを溶かす
  2. 棒につける
  3. 鼻の穴に挿入する
  4. 固まるまで待つ
  5. 引き抜く
  6. アフターケアする

ここで痛みを抑えるために重要なのが手順2、5、6です。これらを上手にこなせば脱毛中、脱毛後ともに痛みを抑えることができます。

では1つ1つ見ていきましょう!

痛くないコツ1:ワックスは適量

手順「2. 棒につける」におけるコツです。ワックスは絶対につけすぎてはいけません。

あまりたくさんつけ過ぎると、だぶついたワックスが鼻の周りにくっついてしまい、剥がす際に肌を傷つけてしまいますし、なにより痛いです。

特に口ひげの生えている人は注意が必要です。漏れ出たワックスが口ひげについて固まってしまうと、鼻毛だけでなく口ひげも容赦なく持っていかれます。これはものすごく痛い。

鼻の穴の入り口の大きさにあうように調整しながら棒にワックスをつけるようにしてください。

痛くないコツ2:一気に引き抜ききる

手順「5. 引き抜く」におけるコツです。痛みを抑えるためには、勇気を出して一気に引き抜ききりましょう

抜けそうな歯を車のドアに紐でくくってドアを閉める!というシーンがありますよね。あのように一気に引き抜くと抜く瞬間の痛みが和らぎます。

ただし、あまりに勢いをつけ過ぎるとワックスが割れて鼻の中に残ってしまう可能性があります。棒から外れ鼻毛とくっついたままのワックス。それらをピンセットや指で少しずつ丁寧に取り出すのは、鼻毛を一本一本ピンセットで抜くことと等しいため、かなり痛いです。

思いっきり引っ張る、ではなく、引き抜き始めたら最後まで止めずに引き抜ききるというイメージで抜いてみてください。

痛くないコツ3:絶対アフターケア

手順「6.アフターケア」のコツです。コツというか、アフターケアは絶対に省いてはいけません。

というのも、翌日からしばらく痛い目を見る可能性があるからです。鼻毛を抜いた後の毛穴が炎症を起こし、鼻の穴の内壁が腫れてしまう。すると鼻を触るたびに痛い。鼻をかむたびに痛い。鼻につながる顔のパーツを動かすたびに痛い。もう最悪です。

脱毛後は必ず殺菌作用のある軟膏で毛穴を保護してあげてください。

それでも鼻毛ワックス脱毛に踏みきる勇気が・・・という方へ

コツをつかんだところで、やはり最後にやると踏みきるには勇気がいるもの。

ぼくだって最初は怖かったですし、妻がノリでワックスを買ってこなければ絶対にやらなかったと思います。

妻が買ってきたのがこちら。両鼻10回分で1000円かからないからコスパ最高だよ!とのことです。しらんがな。

ただ、いざやってみると意外と気持ちいいものですし、慣れれば怖さもなくなってきます。

人生なにごとも経験。バツゲームのつもりで、一回だけ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ:鼻毛ワックス脱毛はコツと勇気で乗り越える

というわけで、脱毛中&脱毛後ともに痛みをおさえるための鼻毛ワックス脱毛のコツを3つご紹介しました。

鼻毛脱毛に興味があるけど痛そう・・・と思っている方、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてください。

コツさえつかめば鼻毛のセルフワックス脱毛は超爽快です。

関連記事

スポンサーリンク