NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

夜散歩は思考を整理しアイデアをサルベージする。ブログネタに困ったらどうぞ

ブログ ブログ-Tips
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

夜散歩するとネタが思い浮かぶ

こんにちは、NAEです。

先日、ヤボ用で真夜中に買い物にでかけました。

頭の中をカラッポにして夜の住宅街を歩くこと行き帰りあわせて20分くらい、とても気持ちの良い夜散歩でした。

さて、その20分の間にブログに書きたいネタとそのストーリーが5個出来上がりました。個人的には結構なハイペースです。

そうなった理由は何か?ちょっと考えてみたいと思います。

今回はそんなお話。

脳は常にインプットを続けている

ぼくらは普段、様々な情報に触れています。

スマホやPCなどの情報端末だけでなく、何気なく聞こえてくる話し声やぼーっと眺めた先の看板など、無意識のうちに様々な情報が脳へインプットされている状態です。

Googleによると、人間は毎秒1100万ビットもの情報を受け取っているそうです。

脳はそれらの情報を常に処理(取捨選択)しています。自分が何を考えているかに関わらずそのプロセスは水面下で全自動で行われているのです。

つまり、ぼくたちはそもそも情報過多な状態にあり、脳から見ればインプットには困っていないということ。

夜散歩でインプットを減らす

さて、そこで夜散歩です。

夜という暗く静かな空間、視覚や聴覚などの主要感覚器官から入ってくる情報、つまりインプットが極端に少ない状態であるといえます。

するとどうなるか。脳がアウトプットモードに切り替わるんですね。これまでインプットの処理に割かれていた脳のリソースがアウトプット側に振り分けられるんです。

ぼくが夜散歩で味わったのは、考えが整理され、内から溢れ出てくる感覚。

  • そういえばこんなことがあったな
  • こんなアイデアを思いついたっけ
  • あの出来事って実はこういうことだったんじゃないかな

それらを書きとめていったらブログネタになっていき、5個のストーリーができあがった、というわけです。

夜散歩で溢れ出るのは心の声

ここで特に重要なのは、出てきたアイデアやネタは内から溢れたものであるという点です。

溢れ出るということは、意識的であれ無意識であれ、自分が誰かに伝えたい、アウトプットしたいと思っていることの証拠。

人に伝えたい!という想いのこもった記事ほどおもしろい

レビューであれオピニオンであれ、想いがある方が言いたいことはクリアになりますし、なんとか伝えようと工夫するので読みやすくもなります。いいことだらけですね!

逆に、ぼくの経験上心から伝えたいと思っていないのに無理くりひねり出してなんとか書ききった記事はつまらないし読まれないです。これ本当に顕著なんですよね・・・。

まとめ:夜散歩はブログ記事の質と量に貢献する

というわけで、夜散歩でたくさんブログネタができた理由の考察でした。

脳内から想いの伴ったネタをすくい出してくれる夜散歩は、ブログ記事の量と質の両側面で貢献してくれるのではないでしょうか。

もちろん、キモはインプットが極端に減るシチュエーションが作ることにあるので、夜散歩以外の方法でも同じことができるかもしれません。

今回は以上です。

スポンサーリンク