NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

ゆうメンタルクリニック新宿院は評判通り良い心療内科でした。2ヶ月半通った感想

ライフスタイル ライフスタイル-心身の健康
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

f:id:nice_and_easy:20160823233840j:plain

【最終更新:2016-11-16】その後毎週〜隔週ペースで2ヶ月半通った感想を追記しました

こんにちは、NAEです。

先日、過労で倒れました。

疲れて動けないだけならまだしも、朝目覚めたあとしばらく涙が止まりませんでした。人生初の経験です。

そのためメンタルを疑い、妻のすすめで人生初めて心療内科を受診しました。

かかったのは、ゆうメンタルクリニック新宿院。初診のことと、その後通った感想を残しておこうと思います。

今回はそんなお話。

心療内科にかかろうと決めたときのぼくの状態について

過労とストレスで心身がやられました。

  • 2ヶ月ほど続いた深夜残業の嵐
  • 最後の2週間は土日関係なく朝から深夜まで仕事
  • とある朝、動けず、涙が止まらなくなった

詳しい経緯や状態は、こちらの記事にまとめています。

参考:【激務】2週間休みなしで毎日終電まで仕事してたらぶっ倒れた。そうなった原因と結果 - NaeNote

ゆうメンタルクリニックを見つけた経緯

朝起きて動けなくなったのは日曜日。

そのため日曜診察をしている心療内科ということで検索をかけました。

いくつか候補が出てきた中で、目に止まったのが

ゆうメンタルクリニック

見覚えがありました。「マンガで分かる心療内科」という連載をしていることで有名な心療内科です。

当作品は「アニメで分かる心療内科」というタイトルでアニメ化もされています。

よく調べてみると、ゆうメンタルクリニックのホームページでは「マンガでわかる心療内科」だけでなく

「マンガで分かるアドラー心理学」
「マンガで分かるADHD」
「マンガで分かる糖質制限」

など、メンタルに限らず幅広いWebマンガを公開しているようです。

マンガで分かる心療内科・精神科【ゆうメンタルクリニック】上野・池袋・新宿・渋谷・秋葉原・カウンセリング | 上野駅0分の心療内科 ゆうメンタルクリニック

なおWikipediaによると、これらのWebマンガはゆうメンタルクリニックの院長ゆうきゆう氏が自ら連載しているとのこと。

天は二物を与えたんですね。

Webマンガで集客やPRをしたり、Twitterアカウントも運用していたりと、デジタル時代に乗っかった先進的な雰囲気を感じます。

ゆうメンタルクリニック新宿院の評判

予約前に念のためということで、心配した妻がゆうメンタルクリニックの評判を調べてくれました。

わが家から一番近かったのはゆうメンタルクリニック新宿院。

アクセス/診察時間 | 新宿/心療内科/ゆうメンタルクリニック 新宿駅0分 精神科・東京・カウンセリング

参考にしたのはこちらの口コミサイトとのこと。

ゆうメンタルクリニック新宿院の評判・実績・口コミ - 新宿区(新宿、新宿西口) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

見る限り、とても評判の良いクリニックのようです。

ゆうメンタルクリニック新宿院へ。当日予約ができてありがたかった

保険診療も可能とのことて、早速ゆうメンタルクリニック新宿院に予約を入れることとしました。

ホームページのトップに初診の空き人数が表示されていてユーザフレンドリーさを感じます。

しかしWeb上の情報は多くの場合実際の空き状況をリアルタイムに反映しないもの。

Webフォームからの予約申込みもできるようですが、当日予約であれば電話が最も確実だと思います。

電話の結果、夕方前の時間帯であれば初診が可能とのこと。


あとで知ったのですが、精神科や心療内科は当日予約が難しい医院もあるそう。

しかしゆうメンタルクリニックは、日曜日でしかも当日予約の初診というムリなお願いでも受け入れてくれました。

これは本当にありがたかった。


だるさに打ち勝ち、重たい身体を引きずりながら身支度をして新宿まで向かいます。

ゆうメンタルクリニック新宿院の雰囲気

駅から病院までは歩いてすぐ。

慣れた人であれば「ああ、あそこね」ですが、新宿が初めての人には迷うこと必須。

新宿院のホームページに写真やマンガつきでやたら詳しい道案内が載っているのはうなずけます。

アクセス/診察時間 | 新宿/心療内科/ゆうメンタルクリニック 新宿駅0分 精神科・東京・カウンセリング

さて、ゆうメンタルクリニック新宿院の雰囲気ですが、

  • 日曜だけど混んでいる
  • 待合室スペースは結構きつきつ
  • 診察室は4畳半、採血スペースは2畳くらいとかなり狭い

という感じ。


待合室は30-40人程度座れるくらいの広さはあるものの、椅子やソファーがところ狭しと並んでおり、スペースに余裕はありません。

都心かつネームバリューのある心療内科ということを考えればしょうがないと思います。

しかしメンタルが弱っている人がずっと待つには少し圧迫感があって居づらい環境のようにも思えました。


ぼくはただ虚空を眺めてぼーっと過ごしていましたが、受付の人に声をかけて一時外出する患者さんも何人か見かけました。

初診での待ち時間、診察内容、診察時間、料金

問診票などに記入し、待つこと15分くらい。

診察順が回ってきました。初診の場合は優先的に診察に入れるようです。

診察内容と診察にかかる時間

初診での診察は、問診と採血の2段階。

問診では主に話をする医師、そして主にメモ書きをする医師(見習い?)の二人と面談をします。

話したのは

  • 何が起きたか
  • 何がつらいか
  • どうしたら楽になるか
  • 診断書の病名や会社への申し送り事項

などなど。細かに話を聞いてくれます。


特に、診断書に記載する病名や文言などは一言一句間違わないように確認していきます。

問診はおよそ10分強でした。初診、初回なので丁寧に話を聞いてくれた印象です。

※ゆうメンタルクリニックではカウンセリングと問診は別扱いだそうです


次に採血。処方した薬の服用期間を見極めるため血液検査が必要だそう。

待合室のうしろにある2畳くらいの小さな部屋でサクッと採血。

後日再検診の際に結果がわかるとのこと。

診察、診断書料金

採血まで終わったらお会計です。

料金は保険診療で

  • 初診料:3,400円前後
  • 診断書料:3,400円前後

あわせて7,000円弱でした。

なお2回目以降は問診とカウンセリングがセットになるそうです。しかしカウンセリングが不要であれば問診のみも選べるようです。

※その後通っていますが、問診のみで1580円/回です

その場での予約を勧められましたが、後日電話予約することにしました。

これにて完了。

ゆうメンタルクリニックで初めての心療内科を終えてみて

あ、こんなもんか

というのが正直な感想です。

医師の対応は親身で、不満な点はありませんでした。

採血は言わずもがなです。すぐに終わります。

受付の方の対応もとても親切でしたし、すぐとなりに薬局があるので薬もすぐに出してもらえます(ただし日曜休業)。


なにより、ただ淡々と適切な対処を考えてガイドしてくれるというところがぼくにはありがたかった。

はじめての心療内科だったこともあり、あまりディープな対応をされると逆に

「ぼくってそんなに状態が悪いのかな・・・」

と深刻に受けとってしまったかもしれません。


もしかしたら、医師からは

「過労やストレスで弱っているものの、あからさまにメンタルがやられているとは言い切れない」

というように受け取られたのかも?しれません。(ぼくの勝手な推測です)

単なる過労のよくあるパターンなのか、早期発見と対処が功を奏したのか。

いずれにせよ診断書は出していただいたので、業務負荷の軽減や時短勤務などの調整は可能な状態にはなっています。

当面は、深夜残業や休日出勤が続く日々に戻ることはないでしょう。

もしそうなったら診断書を人事に突きつけてやるつもりです。

その後ゆうメンタルクリニックに2ヶ月半通ってみて

※2016-11-16追記

過労で倒れてから2ヶ月半。

担当の医師や会社の産業医から

「仕事をしたくてしょうがない、という前向きな気分になるまで、ゆっくり休息を取りましょう」

というアドバイスをもらった結果、傷病休暇や有給、休職など、会社の制度をフル活用して休みをいただき続けています。

眠剤(ベルソムラ)と抗不安薬(ワイパックス)を服用しながら、ゆっくり充電中です。


その後の問診は1〜2週間に1度のペース。毎回

  • 体調は平気か(風邪や熱など)
  • 睡眠は取れているか
  • 食欲はあるか
  • 夢は見るか、どんなものか
  • 落ち込んだことはあったか、その状況
  • 周囲の協力は得られているか
  • 休みは継続したいか(仕事をする気分にはなったか)

といったポイントを確認していき、最後に薬の処方箋をもらっています。


ゆうメンタルクリニックの医師は、状況が許す限り患者であるぼくの意思を尊重してくれます。

「もうそろそろ仕事復帰すべき時期でしょう」ということは一言も言いません。それがすごくありがたい。

自分自身「甘えすぎかな」と思ってしまう。でも頭や身体は仕事の方を向かない。

そのため医師のアドバイスに従い、無理は一切しないよう意識しています。


総じて

ゆうメンタルクリニックを選んでよかったかな

と思っています。

まとめ:心の病は初動が大事。心療内科は怖くない

以上、初めての心療内科+その後の診察内容レポートでした。

「心療内科」「メンタルクリニック」と聞くと一瞬遠慮してしまいがちですが、全く怖いことはありません。

むしろ心の病やメンタルダメージは初期のケアが大事です。ぼくも過労で倒れてみて本当にそう実感しています。


一度うつ病になると、戻るまで短くとも半年は必要だそうです。

心のダメージが蓄積される前に、なんか変だなと感じたら気軽に心療内科にかかってみてください

どんな病気も初動が大事です。とても良い経験になりました。


その後、Amazonプライムビデオで「アニメでわかる心療内科」を全話見てみました。

実際のゆうメンタルクリニックの雰囲気とはだいぶ違いました(当たり前)が、躁鬱やADHD、不眠などについて初心者にわかりやすく解説されています。

話の最後が「XXかな?と思ったらメンタル(クリニック)へ」で締められるのが良心的だと思いました。

これ見たのと見ていないので、心療内科にかかる心理的なハードルがかなり違うのでは。

アニメで分かる心療内科のあらすじとレビューを見てみる

関連記事

スポンサーリンク