NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

キャリアパスの悩み - 元経営者の父の教えに基づく選択肢

仕事術 仕事術-スキル・キャリア
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

f:id:nice_and_easy:20161005164818j:plain

こんにちは、NAEです。

キャリアパスについて考えることが増えました。

今回はそんなお話。

元経営者の父によるキャリアステップ論

突然ですがぼくの父の話をします。

彼は某メーカーの地方工場に就職、その後本社配属を経て海外支社へ赴任。40代にして支社長となり経営者としてM&Aなど敏腕を振るいました。

帰国後50歳中盤にして転職を決意、某通販会社の執行役員として物流改革などを指揮し、リタイアまで勤め上げました。

ビジネスマンとしての父はぼくを遥かに凌ぐハイパフォーマーであり、尊敬に値します。

そんな父が、ぼくが就職して間もないときに話してくれたキャリアステップ論(転職者の採用基準)が次のものです。

  • 20代は読み書きそろばんができること
  • 30代は負けない武器を持っていること
  • 40代は管理職として組織運営ができること
  • 50代はいるだけで安心感を与えられること
  • 60代はこれから見つける(当時の父は50代)

今の流動的な人材市場、デジタルビジネスにおいて求められるスキルや能力、リーンスタートアップを前提としたビジネス展開、ダブルワークが当たり前になる今後の労働市場など、最新のビジネス状況においてこの教えがどこまで通用するかはわかりません。

が、少なくともいつごろまでにキャリアとして何を考えるかの指針にはなります。

キャリアパスをどう描くのか?自分を振り返る

それを受けて自分を振り返ってみると・・・

ぼくは今30代前半の外資系コンサル管理職。

これまではIT戦略をキーワードに業界や領域を問わず求められるスキルをその場で身に着けながらここまできました。

いわゆる何でも屋です。その中で培われたのは、突出したジェネラリストスキル、そして変化に即応するスキルでした。

www.naenote.net

スペシャリストというキャリアパス

そんなハイパージェネラリストなぼくですが、父の教えに従うならばそろそろ人に負けない武器を身につけたいところ。

スペシャリストとしてぼくの前に開けている道を並べてみるとこんな感じ。

  1. UXアーキテクト:所属組織が期待するキャリア像、少し憧れている
  2. IT戦略コンサルタント:入社当初のぼくが目指していた姿で、今の得意技
  3. 情報セキュリティスペシャリスト:これまで最も多く経験した専門領域
  4. スタートアップ参画:お世話になった人からちょこちょこ誘われている
  5. ライターとして独立:いっそのことブログ飯?

なにがしかの邂逅がなければ、おそらくこれらから選ぶことになるんだろうかと思います。もしくはこれらから複数選択するか。

まとめ:キャリアパスの悩みは尽きない

以上、自分のキャリアパスに悩んでいるという自分語りでした。

もしかしたらこの記事を読んで誰かがヘッドハンティングに来たりして、そしてそれが実は天職になったりして。なんてね。

今回は以上です。

スポンサーリンク