NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

「そもそも論」とはなんなのか?意味や使い方、注意点を解説します

仕事術 仕事術-マインド
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

ピンチを乗り越える方法あります

こんにちは、NAEです。

仕事をしているといろいろな課題・問題が降りかかってきます。ときには次元の違う難しいものがいきなり現れ、ピンチに陥ることがありますよね。

そんなとき、ななめ上のなアイデアで状況をドラマチックにくつがえせるとカッコいい。でもそれは類まれなる機転や才覚を持つ人のなせるワザ。

ぼくはそんなタイプじゃないので対処するのにいつも苦労しています。使うテクニックのひとつがそもそも論です。

今回はそんなお話。

そもそも論の意味

そもそも論とは、「そもそも」という言葉からはじまる質問を通じて一歩引いた視点からものごとを見直すことをさします。

仕事はざっくりいうと

  • なぜそれをなすべきか
  • 何をすべきか
  • どうするればできるか

の3要素が階層的に連なったツリー構造をしています。WhyからWhatへ、WhatからHowへ。このWhy、What、Howの階層をWhyに向かって上に上がっていくのが「そもそも論」のイメージです。

nice-and-easy.hatenablog.com

そもそも論の使いどき

「そもそも論」は、特にものごとが想定通りにうまくいかないリスクに直面したとき=八方塞がりが見えてきた状況で使うことが多いツールです。

ピンチにおちいりそうな今の状況、本当に八方塞がりなんだろうか。

視野を広げてみると意外な抜け道があるかもしれない。実は行き止まりに入ってしまっただけで、少し戻れば正しい道に戻れるかもしれない。

向こう1週間だけ見ると左に行くのが正解だけど、3ヶ月くらい先を見据えると右のほうが正解かもしれない。

もっと視野を広げると、本当は右左の問題は本質的ではなく、上に向かうのが正しかったりする。

このように、視点の転換を用いて本当に正しい方向を再度見極める必要を感じたときがそもそも論の使いどきです。

そもそも論の使い方と注意点

そんな状況で、たとえば以下のような質問をしてみてください。そもそも論の使い方を雄弁に語る、代表的な質問例です。

  • ピンチに陥る状況はそもそも正しいのか?
  • そもそも仕事の前提はそろっているのか?
  • そもそもこの仕事の目的は?
  • そもそもこのビジネスで実現したいことは?

これらの質問をする際は、必ず正しいと論拠を持って主張できる意見や仮説をセットで持っていくようにします。

質問を投げかけてあとは知らんぷりでは、建設的で前向きな議論なんてできません。


さて、このような質問=そもそも論はより本質的な課題や目的に立ち返るためのツールであるものの、使い方を間違えると痛い目を見る諸刃の剣でもあります

「そもそも」といってWhyの階段を上がっていく行為は、良く言えば本質への回帰ですが、悪く言えば前提をくつがえす開き直りだからです。

そのぶん、そもそも論は本質を捉えた上で使わないとかえって逆効果になります。

「そもそも~」と言い始めた人がワケワカランことを言っているとしたら?単なる言い訳や屁理屈ですよね。ピンチの時に屁理屈でその場を乗り切っても本質的な解決にはなりません。のちのち余計に状況を悪くしてしまいます。

そもそも論は、ものごとを正しい方向に導くためにあることを忘れないでください。

まとめ:ピンチのときこそ本質を見極めよう

以上、そもそも論の解説でした。

自分の視野を広げ、本質的な課題を浮き彫りにし、軌道修正を行うきっかけづくりをするツールであるそもそも論。

八方塞がりになったとき、実は自分や周りのいずれかが本質から外れたことをしている可能性があるものです。

ピンチと思えるときこそ本質を見極め、「そもそも論」を上手く使って視点を転換すること。

すると、ピンチと思えたものが実はチャンスだった、ということがあるかもしれません。

  • 三流はピンチに溺れる
  • 二流はピンチを乗り越える
  • 一流はピンチをチャンスに変える

今回は以上です。

スポンサーリンク