NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

日本版Google Analyticsアプリにアシスタント機能が登場。AIのアドバイスって実際どうなの?

テクノロジー テクノロジー-スマホ、アプリ
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

f:id:nice_and_easy:20161103100449j:plain

こんにちは、NAEです。

Google Analyticsアプリ、スマホに入れてますか?

管理するサイトのアクセス解析をお手軽に見られる便利なアプリです。

そんなGoogle Analyticsアプリに「アドバイス機能」が追加されていました。人工知能がサイト改善のアドバイスをしてくれるそうです。

人工知能、ステキな響きですね。最先端っぽいですね。が、人工知能だからといって万能なわけではありません。

AIのアドバイスって実際どうなの?

使ってみて、便利さと同時に限界も見えました。

今回はそんなお話。

Google Analyticsに「アシスタント」メニューが追加

Google Analyticsのアプリはこちら。

ブログをはじめWebサイト運営者の必須ツールであるGoogle Analyticsを、スマホから見られる便利なアプリです。

Google アナリティクス
Google アナリティクス
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ


ぼくも当ブログへのアクセスをちょくちょく見ています。ブログは自分の作品。評判気になりますもんね。

今朝も起床後、アクセス数どんなかな?と開いてみると、

f:id:nice_and_easy:20161103100541p:plain

アシスタントというメニューが増えてる

Googleの人工知能(AI)がサイト改善のアドバイスしてくれる

これは先日、Google Analyticsの英語版に試験的に追加され話題になったアシスタント機能です。

Googleの純正AIがGoogle Analyticsのデータを分析し、改善のサポートをしてくれます。

参考:Google Analyticsの本気。AIによる無料アドバイス機能『Analytics Assistant』の衝撃 - BITA デジマラボ


これまでは英語版アプリにしか展開されていなかった機能です。

どうやら今日時点で日本語版でも使えるようになった様子。

(出てこない方は、アプリを最新版にアップデートしてみてください)

アシスタント機能で実際にわかること

サイト改善が捗りますね!使わない手はないですね!

では実際に見ていきましょう。


「アシスタント」メニューを選択すると現れる案内。シンプルな絵がいいですね。次に行きます。

f:id:nice_and_easy:20161103101753p:plain


2016-11-03時点では全部英語の模様。よしがんばろう。

f:id:nice_and_easy:20161103102748p:plain

分析の種類は現時点で7つ

すると、7つのカテゴリがあらわれます。

f:id:nice_and_easy:20161103102836p:plain

f:id:nice_and_easy:20161103103440p:plain

それぞれの意味はこちら。主に週次での比較レポートをしてくれるようです。

  • コンバージョン率
  • 全体的な通信簿
  • 平均サイト滞在時間の変化
  • PVがはね上がったページ
  • 1000セッションあたりの収益の変化
  • 新規ユーザ数の変化
  • セッション数の変化


全体的な通信簿は、他の指標をまとめて見るためのサマリですね。

f:id:nice_and_easy:20161103103420p:plain

アドバイスは各分析カテゴリの中に書いてある

各カテゴリは分析とアドバイスの2段構えになっています。

試しに「PVがはね上がったページ」を見てみましょう。

f:id:nice_and_easy:20161103103618p:plain


実際にPV数がどのくらいはね上がったかの数字の下。「Recommendations」と書いてありますね。これがアドバイスです。

f:id:nice_and_easy:20161103103710p:plain

  • 関連記事を書こう
  • これらの記事をもっと目立たせよう
  • これらの記事でほかの記事の宣伝をしよう

強みを活かす方策の提言ですね。ちょっとざっくりしてますが、参考になります。

アドバイスは改善すべきポイントを指摘してくれる

強みを活かすアドバイスだけでなく、悪化したところを指摘もしてくれます。


たとえば、平均セッション時間が短くなってしまった場合。分析を見てみます。

f:id:nice_and_easy:20161103104423p:plain


悪化の元凶になっているセグメント(流入元やアクセス元地域等)が特定されています。

より深い分析データを見てみましょう。

f:id:nice_and_easy:20161103104511p:plain


すると、これまでのGoogle Analyticsアプリにもあった「カスタムレポート」の画面に飛びます。

ここには特にアドバイスは現れないようです。

f:id:nice_and_easy:20161103104745p:plain

アシスタント機能はあくまでサポート

どうやら他の分析カテゴリも同じ感じの様子。

  • アドバイスはすこしざっくり
  • 悪い部分は分析を表示

したがって、Google Analyticsのアドバイス機能は

改善のための気づきをくれる

見るべき分析・数字を提言してくれる

ものとして扱うのがよさそうです。

AIによるアドバイスといっても、過剰な期待は禁物ってことですね。

ピンポイントで記事のココをこうしろってレベルのものを期待してはいけない。

まとめ:仮説を立て検証するのは自分

というわけで、Google Analyticsのアシスタント機能は便利だけど万能ではない(現時点では)というお話でした。

最近はAIがサイトデザインを自動改善!なんて話も出ています。

Google Analyticsも同じ方向に進む気がしますね。単なるアクセス解析から飛び出してサイト改善に踏み込むようになったので。

Google Analyticsの今後に期待です。


関連記事

スポンサーリンク