NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

髭を抜く癖を一瞬で治してしまうシンプルな方法。悪いのは髭ではなくて指先です

ライフスタイル ライフスタイル-心身の健康
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

f:id:nice_and_easy:20161011183759j:plain

こんにちは、NAEです。

考えごとをしているとつい手がアゴに行く。

そこにある髭を触ってしまい、ついに抜いてしまう。

そして気づいたら抜かれた髭の残骸が散らばっている。

ぼくがこんなループから抜け出したシンプルだけど意外な方法を共有したいと思います。

今回はそんなお話。

髭を抜き、抜き続けてしまうまでの流れ

まず、人が髭を抜いてしまい、抜き続けてしまうまでの流れをおさらいしておきましょう。

  1. 考えごとをして思考が詰まってくる
  2. 手がアゴの近くへ行き、触り始める
  3. 触感的に目立つもの(=髭)に集中する
  4. 目立つ髭を取り除きたくなり、抜こうとする
  5. ツメでしごかれた髭の毛先がけばだつ
  6. 余計気になってしまい、抜けるまで続ける
  7. 抜けたら次のターゲットを探し始める

考えごとをするときに手遊びを始めてしまうのはよくあることだと思います。髪を触る、机をタンタンとタップする、ペンをカチカチするなど、パターンは様々ですよね。

髭(特にあご髭)を生やしている人、もしくは朝剃っても夕方には青々としてくる人は、こんなときついつい髭を触ってしまうのではないでしょうか。

剃り残しなどでポツポツ生えている髭はただでさえ気になりますし、バリカンでキレイにトリムしたつもりでも一本だけピョンっと長いのが残っていると、どうしても気になってしまいますよね。

やっとの思いで1番気になる髭が抜けても、そのままの勢いで2番目に気になる髭(=その時点で1番気になる髭)を抜きにかかってしまい、結局その繰り返し・・・

まさに髭抜きの無限地獄です。指先が疲れる、気が済む、もしくは髭の残骸を見て我に返るまで、止まることはありません。

髭を抜く癖によりもたらされる悲劇

実はぼくもこの無限髭抜きをやってしまうことがあるんです。

主に仕事中なんですが、ストレスがたまったとき、イライラしたとき、そして集中しているつもりで全く集中できていないときにやってしまうことが多いです。

www.naenote.net

抜いてしまうのは主にもみあげをあご髭の間。あごのエラ骨が出っぱっている部分です。頬づえをつくような姿勢になると、ついついそこに手が行ってしまうんですよね。


さて、そこの髭を無限に抜いてしまうと起きる悲劇が

もみあげとあご髭が分断されてしまう

です。それも、片方だけ。

ぼくは髭が結構濃い方なんですが、髭がOKな職場なので、もみあげとあご髭をつなげています。

そんなスタイルゆえに、もみあげをあご髭が分断されるのは大惨事なわけです。こち亀の両さんのまゆげがつながっていないようなもの。


そのエリアの髭を一通りを抜いてしまったが最後、ふたたびもみあげとあご髭をつなげるには、ただ抜いてしまった部分が再生するのを待つのみ。

それまでは、髭を全部剃る、もしくはあご先端の髭のみを生やすという、自分的にはうーんなスタイルでしのぐことになります。

(ちなみに再生するまで2〜3週間くらいかかります・・・)

髭を抜く癖を治すために意識すべきたったひとつのこと

こんな悲劇が起こることがわかっていてなお、なぜ人(ぼく)は髭を抜き、抜き続けてしまうのか。

その原因を探ってみた結果、ひとつの答えに行きつきました。

それは、指先の触覚です。

髭を抜きたいと思うそもそもの原因

ここで、髭を抜いてしまうまでの流れを抜粋してみます。

  1. 考えごとをして思考が詰まってくる
  2. 手がアゴの近くへ行き、触り始める
  3. 触感的に目立つもの(=髭)に集中する
  4. 目立つものを取り除きたくなり、抜こうとする (以下略)

この4番、触感的に目立つという部分がネックです。そもそも髭に集中してしまうのは、アゴを触ると髭が目立つように感じるからなんですよ。

だからといって、常にアゴを髭剃りたての状態に保つのも難しい話。髭は生えてくるものですし、仕事PCの横にT字カミソリを常備して気になったたびに剃るわけにもいきませんし。


となると、解決のキーワードは触感(触覚)ということになりますよね。

指先の触覚は1ミクロンのデコボコも識別する高感度センサー

ここで、指先の触覚についてひとつ引用してみます。

触覚の理論的限界は0.1μm

本当にざらつきなどがあるか、板の表面をレーザー顕微鏡で計測してもらう。すると、0.5μmほどの凹凸があった。小宮さんはこんなに細かい凹凸を指先で感知できるのだ。

出典:資料 サイエンスZERO: シリーズ 五感の迷宮�X 触覚 進化が磨いた高感度センサー

そう、指先は1ミクロン未満という目で見てもわからないような違いでさえ識別してしまう、超感度度センサーなのです。

パッと見ツルツルな表面でも触ってみると少しザラザラしていて気になってしまうことってありますよね。これです。

そんなセンサーでアゴのデコボコをスキャンしているんですから、目立たない部分が見つからないほうがおかしいんです。髭の剃り残し、生え始め、長さの違いなんて一瞬でヒットしちゃいます。

1番目立つ髭を処理した瞬間に次のターゲットが見つかってしまう理由も理解できますね。

それなら髭を指先で触らなければいい

であれば、

そもそも髭を指先で触らなければいい

のではないでしょうか。

高感度センサーだからこそ目立つものが見つかって気になってしまう。ならば触覚の感度が低い部分で髭を触れば抜くには至らないはず。

触覚が高感度なのは指先だけですから、指先以外ならどこでもいいと思います。

ぼくの場合は指の背の部分で髭を触るようにしています。結果、髭は触ってしまうものの、髭を抜くまでに至ることが激減しました

お手軽で簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

髭を抜くのは集中力維持や眠気覚ましのため?

ちなみに、以前どこかのテレビ番組で

  • 戦国時代に髭を抜く癖があった武将がいた
  • 当時はあらゆる政務が手作業で深夜まで続くこともザラだった
  • そのため集中力の維持と眠気覚ましのために髭を抜いていた

なんてことが紹介されていた記憶があります。


しかし、実際に髭を抜いている自分を見てみると、明らかに集中していません。

また姿勢が無理をしているため脳に血流が回らず逆に眠くなっています。

人によるんですかね・・・

まとめ:髭を抜く癖を指先から治そう

以上、髭を抜く癖は指先の使い方で治せるというお話でした。

見た目や生産性・効率性の問題だけでなく、毛穴が炎症を起こす、埋もれ毛の原因になるなど衛生面での問題も指摘されている髭を抜くという癖。

ちょっと指先の使い方を見直すだけで劇的に改善できますので、試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク