NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

都心でのベビーカー散歩は心労やストレスの元。子連れこそ郊外に出かけるべき

ライフスタイル ライフスタイル-家族と子ども
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

f:id:nice_and_easy:20160724222439j:plain

こんにちは、NAEです。

休日はほとんどの時間を家族と過ごしているのですが、最近気づいたことがあります。

それは、都心や繁華街に出かける時と郊外の広い場所に出かける時で、帰りの電車での眠さが違うということ。

今回はそんなお話。

都心でのベビーカー散歩の実態

ぼくは東京の西の方に住んでいるため、都心といえば新宿や渋谷、表参道、池袋あたりになります。

そこに行かなければならない用事がある時は家族連れでもそういう場所に向かうのですが・・・

昼〜夕方前くらいの短いお出かけであっても、大抵帰りの電車で眠気が襲ってきます。

おそらく、それだけ気を張っているし、ストレスフルだったのだろうと思います。

思い当たる節を書いてみます。

ランチの待ち行列がきつい

出かけるときは大体行き先でランチを食べるのですが、11時半くらい着を狙ってもスルッと入店できません。特に人気店にもなると30分待ちは当たり前。

デートや新婚時代ならまだしも、ベビーカーの必要な小さい子供がいると待ち時間は鬼門です。泣くわわめくわ走り出すわ、大人しく過ごすことなんてできません。

事前に予約をしておけば・・・と思うものの、出かける先をその日の気分と調子で決めることが多く、なかなか。

カフェで一息つきたくても入れる店がない

ランチ後、しばらくしてから息子が眠ってくれるときがあります。ベビーカーで寝てくれているその間、およそ1時間くらいが夫婦で過ごすひとときになります。

どこかでお茶でも、と思うんですが、たいていのカフェが満席、もしくはエレベーターなしの2階以上もしくは地下のため入店困難。

本当、マックでもカフェでもファミレスでも、どこでも良いから一息つきたい、という時に限ってどこも満席なんですよね。

いわゆるカフェ難民状態です。

都心の繁華街なのでしょうがないのは承知ですが、そんなときはどうしても「あーせっかくの貴重なカフェタイムが・・・」となってしまいます。

空いている場所を探して歩き回っていると、いつの間にか息子が目覚めてしまうパターンもしばしば。

ベビーカーの操縦の難易度が鬼レベル

そんな間もぼくたちはベビーカーを押しているわけですが、正直都心の繁華街の人口密度でベビーカーを使うのは至難の技です。

周りに迷惑をかけないように、視界の中の人々の次の動きを予測しつつ、シャキシャキとベビーカーを操っていく。

1人で人混みをすり抜けるのとはわけが違います。難易度も気の張り方もケタ違い

ベビーカーに乗っている息子が歩きたがっても、繁華街の雑踏を歩かせるわけにはいきません。

どうにかあやしながら息子を放てる場所を探し周り・・・その間にも周囲へのアンテナはマックスビンビンで・・・

そんな場所にベビーカーで来るな、という意見もあろうかと思いますが、せめて必要な移動くらいはさせてくださいと言うしかありません。。。

都心でのベビーカー散歩は心労とストレスで疲れる

そんなこんなで一通りの用事を済ませて電車で帰路に着くと、ぼくも妻も疲れ果ててしまっています。

結局、帰りの電車の中で眠気に負けて船を漕いでしまうのです。

郊外の広い駅や公園は、ベビーカー散歩でもストレスフリー

一方、妻の提案でここ2週間ほど週末のお出かけ先をあえて郊外にしてみました。

すると、帰りの電車でも全く眠くならなかったんです。

公園で息子と追いかけっこをし、より長い距離を歩き、走り回り、運動量という意味では繁華街へ出かけた時よりはるかに多いのにも関わらず。

どうやら、繁華街に出かけた時のストレスや心労が見えない疲れになっているようでした。

座席に余裕のあるランチスポットやカフェ。

広い歩道やプロムナード、緑に囲まれた公園など、息子を安心して放つことができる。

そしてなにより、必要以上にピリピリせずにもベビーカーを押していられる人口密度と「子連れ」を許容する雰囲気。

ストレスや心労がはるかに少ないため、ぼくだけでなく妻もリフレッシュできているようでした。

ベビーカー散歩な子連れは郊外へ出かけるべき

これから先、わが家ではわざわざベビーカー連れで都心の繁華街に出かけることは少なくなると思います。

表参道や恵比寿など、高級感の漂うシャレオツスポットでスマートにベビーカーを押しながら歩き回るマダムやジェントルマンを時々見かけます。

カッコいいですよね。カッコいいけど、疲れないのかなあと思うんですよね。

どうやら、ぼくはそういう感じには向いていないようです。

まとめ:都心よりも郊外に出かけてみませんか

以上、ベビーカー連れには郊外が最高というお話でした。

体力はまだまだ余裕だよ、と思っていたのですが、心労やストレスは年齢に関係なく身体をすり減らすということがよくわかりました。

家族持ちのみなさん。都心こそオサレ!郊外なんて田舎!とバカにすることなく、ぜひ郊外に足を運んでみてくださいませ。


関連記事

スポンサーリンク