NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

Facebookページに「いいね!」が集まらない原因と集める方法(個人ブログの場合)

ブログ ブログ-運営
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

facebook page like

こんにちは、NAEです。

SNSを通じた記事の拡散はブログへのアクセスアップに必須です。

そのためFacebookやTwitterなど利用しているブロガーさんも多いはず。

さて、みなさんどこまで活用できているでしょうか?特にFacebookページの「いいね!」の数、増やすために何をしていますか?

今回はそんなお話。

Facebookページに「いいね!」が集まらない原因

ブロガーさんのFacebookページでよくある悩みはただひとつ、開設したはいいけど全然「いいね!」が集まらないだと思います。

ブログの更新情報を「いいね!」をくれた読者に届けることで記事の拡散ポイントを増やしたい。しかしその肝心の「いいね!」が集まらない。

その理由、Facebookページの運用方法にあるのではないでしょうか。


個人ブログはブログのコンテンツがあってこそ。そのためSNSの運用にはあまり手をかけたくない。

そういう思いから、Facebookページの運用として

  • ブログの更新情報をポストする
  • そのポストに独自のコメントをつける
  • もしくはコメントなしで自動投稿させる

ということをやっていしまいがちだと思います。

つまり、Facebookページ=ブログ更新情報の発信先の1つにすぎない、というスタンスですよね。


さて、このようなスタンスで運用されているFacebookページを見た人はどう思うでしょうか。

いくらスクロールしても出てくるのは「ブログ記事アップしました」ばかり・・・

「なんだ、記事を垂れ流すだけの半自動更新系のページか」

と思うわけです。特に初めて見た人にとっては一ミリもおもしろくないですよね。

そんなFacebookページにまでわざわざ「いいね!」をくれるのは

− Facebookを情報収集の手段に使っている − そもそも自分のブログのファンである

という人だけでしょう。

前者はあまりにニッチですし、後者はそもそも他の方法(RSSやブックマークなど)で自分のブログを購読してくれているはず。

FacebookページやTwitterなど、SNS毎で「フォロー」の重さは違う

もう少しツッコんで考えてみると、話はそこまで単純ではありません。単に「フォローする」と言っても、SNS毎にその重さが異なるからです。

話をシンプルにするため、TwitterとFacebookを例に挙げます。

Twitterのフォロー=視界に入れておくだけ

望遠鏡 眺める 観察する 女性

Twitterは匿名でできる緩いSNSです。

フォローもフォロー外しも完全に自由です。好きでフォローするのもOKですし、単に視界に入れておきたいというだけでフォローしてもよい

そして、どのアカウントをフォローしているかが自分の立ち位置や属性を決めるようなものでもありません。匿名であればなおさらですね。

それだけフォローも集まりやすく、フォロアーも離れていきやすいのです。

Facebookページへの「いいね!」=好き宣言

趣味 好き 好み 公言 女性

一方、Facebookは実名を原則とした、固めかつ自己顕示欲多めなSNSです。

Facebookページに「いいね!」するとは、そのFacebookページの運営者が好きであるということを自分の友人に公開するという行いです。

それだけ「いいね!」をするハードルが高いんです。極端に言うと、

  • 友達に「いいね!」しているところを見られても恥ずかしくない。むしろ自己アピールにつながる
  • 友達に見られても気にならないくらい、そのFacebookページで発信されている情報がほしいと思っている
  • Facebookページを「いいね!」しないと得られない情報がある

という状態じゃないと、わざわざFacebookページを「いいね!」しないんです。

(だからこそ、Facebookページに「いいね!」してくれた人はロイヤリティの高い読者だとも言えます)

Facebookページに「いいね!」を集めるために

これらの特性を裏返すと、個人ブログのFacebookページが「いいね!」を集めるには

  1. 信頼できる情報源だと認識されること
  2. 友人に見られても恥ずかしくないものであること
  3. Facebookページだからこそのコンテンツを発信していること

の3つが必要であることがわかります。

2はブログの内容によるのでいかんともしがたいですが、少なくとも

  • 管理者はどういう人間かがわかるようにしておく
  • Facebookページ用のコンテンツを作る

の2点はやっておかなければ、「いいね!」は集まらないのではないでしょうか。

NaeNoteのFacebookページの場合

さて、NaeNoteも一昨日Facebookページを開設しました。

それに伴い、TwitterとFacebookページの「色」と運用方針を決めました。

  • Twitter:パーソナルな面を強調
    • ブロガーさんや読者の方々と緩いやり取り
    • 日々の考えごとなど、頭の中をそのまま出す
  • Facebookページ:マジメな面を強調
    • IT戦略やデジタルトレンドなど、自分の専門性に特化した情報を発信
    • それ系の最新ニュースをピックアップし、コンサルならではのスバッとコメントとともにシェア

あわせて、ブログ経由でFacebookページに「いいね!」がいただけるよう、ブログのデザインも見直しを入れています。

参考にさせていただいたのはケー(id:photoblg)さんのこちらの記事。レスポンシブデザインに対応するため、画像部分の幅を若干調整しました。

www.weblog-life.net

まとめ:Facebookページもマジメに運用しないと成果は出ない

というわけで、Facebookページだって1つのメディアなんだからちゃんと運用しようねというお話でした。

仮説でもいいから運用方針を決めないと気持ち悪い、というコンサル頭をこじらせた結果こういう記事になりました。

  • FacebookというSNSの特性は何か
  • Facebookページを「いいね!」すると、した側には何が起こるのか
  • 初めて自分のFacebookページを見る人はどう思うのか
  • それを受けて自分がどのようにFacebookページを運用すべきか

Facebookページの開設をお考えのブロガーの方の参考になればと思います。

今回は以上です。


※Facebookページ運用開始から1ヶ月たった結果はこちら

www.naenote.net

スポンサーリンク