NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

クロスバイクのハンドルを短くカットした。もっと早くに切っておけばよかった

ライフスタイル ライフスタイル-心身の健康
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

f:id:nice_and_easy:20161027112058j:plain

こんにちは、NAEです。

5ヶ月ほど前にクロスバイクを買ってから、ずっとお気に入りで乗り続けています。

通勤電車から開放される。休日の移動範囲も広がる。快適なクロスバイク生活だったのですが、唯一気に入らない点がありました。

ハンドル、もうちょっと短ければなあ

今回はそんなお話。

クロスバイクのハンドルは長くて邪魔だし疲れる

クロスバイクのハンドル、長すぎやしませんか?

無駄に幅を取るせいで、いろいろと不便なんですよね。

駐輪場で出し入れしにくい

ハンドルが長いせいで、駐輪するときにとなりの自転車とハンドル同士がぶつかって、出し入れがしづらくてしょうがない。

車輪止めのない場所ならしょうがないとも思えるんですが、車輪止めのある有料駐輪場でさえとなりの自転車(とくにママチャリ)と干渉しまくる。

あろうことか、うちのマンションの駐輪場も車輪止めの間隔がせまいため、出し入れするたびに

めんどくせえ!

と思っています。

横幅の距離感がつかみづらく、ぶつからないか気になる

ハンドルに幅があると道を走っているときにも不便があります。横幅の距離感、間隔が取りにくいんです。

たとえば車道で車に追い越されるとき。歩いていれば「あーよけていってくれたのね」くらいにしか思わないんですが、クロスバイクだと

うわっギリギリあっぶね!

と感じる。

自分の身体は外にさらけ出されているため、自分の幅=自分の体の幅、という感覚なんでしょうね。

しかし実際はより幅の広いハンドルの幅をもって距離感を測らなければならないので、感覚が齟齬ってるんだと思います。

姿勢が悪くなる感じがして疲れる

走っているときも、腕を肩幅以上に開いているからか、頭の重さに負けて首が前に落ちていくんですよね。

猫背気味だけど前を見なければいけないので、首の力で頭を持ち上げるんですが、これがまた疲れるんです。

もともと肩こり首こりが激しいのでこれはちょっとツラい。

姿勢の崩れを感じる・・・

クロスバイクのハンドルはカットする前提で長めに作られている

なんでだろうかな、どうしてこんな邪魔で疲れる長さなんだろうな。

と思って調べてみたところ、こんな記事にたどりつきました。

クロスバイクを買ったら、まず最初にハンドルのカットをオススメ - あれこれやそれこれ

クロスバイクの場合「ストレートバー」と呼ばれる真っ直ぐな一本が多いです。これ、長さをカットする前提で作られているので、若干長めに作られています。

そうだったんですね。知らなかった・・・

クロスバイクを買った店でハンドルをカットしてもらいました

よしハンドル切る

というわけで、近所のあさひサイクルで切ってもらってきました。ぼくがクロスバイクを購入したお店です。買ったのはWEEKEND CYCLEという3万円のエントリーモデル

ハンドルカットの工賃は1400円くらい、混み具合の関係で、仕上がりは翌日夕方以降とのこと。


2日後、受け取りにいきました。できあがりがこちら。

f:id:nice_and_easy:20161027115622j:plain

といってもわかりにくいので、カットする前の長さを赤く塗ってみました。

f:id:nice_and_easy:20161027112141j:plain

結構幅が狭まりましたね。

カットしてもらったのは、左右で2.5センチずつ、合計5センチ。パーツの取り付け部分の規格とハンドルの太さの関係でこの数字がマックスとのこと。

ハンドルが短いだけでこんなに変わるとは

ハンドルカットして2日ほどたちますが、カット前とはくらべにならないほど快適です。

クロスバイクとの一体感がさらにアップしたことで、走るときや停めるときのストレスが大幅に軽減されました。

ペダルが軽い

まず、ペダルが軽い。カット前が100だとしたら80くらい。

ハンドルが狭まったぶん、身体の重心が後ろに寄って、よりペダルに体重がかかるようになったのかもしれません。

もしくは、幅が狭くなっただけ空気抵抗が減ったとか。

手や首肩が疲れにくい

次に、手が疲れにくくなった気がします。

重心がペダルにかかるようになったことで、手で支えなければならない重さが軽減されたのではと思います。


また両手が中心に寄ったことで、正中線をより強く感じることができるようになりました。(正中線:身体の中心を上下に通る一本の線)

結果、背骨が歪むような乗り方を自然と避けるようになり、骨盤から頭までスラっと伸びるラインが整い、首の疲れが軽くなったと感じます。

横幅の距離感覚がとりやすい

ハンドルをカットしたことで、クロスバイクの横幅=自分の肩幅、という関係になりました。

歩いているときと全く同じ感覚で横幅の距離感が取れるため、狭い場所を通らざるをえないときの安心感が段違いです。

また車に追い越される時も無駄にビビらなくなりました。

ハンドル操縦のバランスがよくなった

これは人によるかもしれませんが、ハンドルを左右に切るときに身体のバランスが崩れなくなりました。

ハンドルが長かったときは大きく左右の手を前後させながらハンドル操作をしていたため、重心や正中線がブレやすかったんですよね。特にスピードを落としているとき。

ハンドルが短くなったことでそこに安定感が生まれ、バランスを保った状態で精確にカーブできるようになりました。

駐輪所の出し入れが楽ちん

最後に、駐輪場での出し入れが格段に楽になりました。これが一番嬉しかった。

もちろん場合によってはとなりのママチャリを睨みつける時もありますが、その頻度が減りましたよね。

たかが5センチ、されど5センチ。クソ狭い都内の駐輪場では5センチの差も安心材料になると学びましたよ。

(ロードバイクだともっと停めやすいのかな?)

まとめ:クロスバイクを持っている人はぜひハンドルカットを

というわけで、クロスバイクのハンドルカットのお話でした。

快適すぎて、さらにクロスバイクが好きになりましたよ。なんでもっと早くカットしなかったんだろう。

クロスバイクに乗っている方は、ぜひハンドルカットしてみてください。


ぼくはお店にカットをお願いしましたが、Amazonや楽天には自分でカットする道具が扱われているようです。

店での工賃が1400円、道具が1200円〜のため、何台も持っている方や乗り換える予定のある方は道具を買ったほうがコスパがいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク