NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

外資コンサルの新卒採用面接対策 - 現役面接官が2次面接で不採用にした人の共通点

仕事術 仕事術-スキル・キャリア
このくらいシェアされています
スポンサーリンク

採用面接 job interview

こんにちは、NAEです。

ぼくは某外資系コンサルティングファームに務める管理職です。新卒採用では2次面接、いわゆるマネージャー面接を担当する立場です。

例年多数の学生さんに面接にお越しいただきとてもありがたい限りなのですが、一方「コンサルとしての活躍は難しそうだ」と判断せざるを得ない方も数多くいらっしゃいます。

不幸なマッチングを避けるため、そして今後の応募者の方々への情報提供のため、不採用とさせていただいた方に見られる共通の特徴を書いていきたいと思います。

今回はそんなお話。

外資コンサルにおける人材採用の重要性

外資系コンサルに限らず、コンサルティング企業は人やスキルが商材です。人材の質こそが競争力の源泉であり、人材採用は競争力を下支えする大きな柱のひとつと位置づけられます。逆を言うと、人材の質の低下は自社の競争力低下に直結します。

そのため、人材採用は自社の成長と事業継続に影響する非常に重要な機会なのです。エントリーシート、SPI、グループディスカッション(GD)、ケースなど、選考が何段階も続くのはそれが理由です(ぼく個人はそう理解しています)。

外資コンサル新卒採用における2次面接の役割

そのため、採用プロセスにおいて応募いただいた方々がコンサルタントとして活躍できるかを見極めることは非常に重要です。筆記試験や個人面接を通じ、定性・定量の両側面から、複数の観点でフラットに、応募いただいた方々の評価を行います。

さて、ぼくの担当する2次面接、最終面接の一歩手前の個人面接は、その最後の砦という位置づけです。一定の素地を備えていることを前提に、スキルやマインドがコンサルタントに求められる水準・期待値にマッチするかという点を面接で判断させていただいています。

一言でいうと、能力観点での最終マッチングということです。

2次面接で不採用だった人の共通点

したがって、言葉は厳しいですが、2次面接で不採用となる=コンサルタントとして活躍できそうにないと判断された、ということになります。

以下、不採用とさせていただいた方に共通する特徴を列挙していきたいと思います。

教科書的なことしか言わない人

あらゆることを教科書に載っていそうな「よくあるパターン」にあてるだけで満足してしまい、そこから先の考察が出てこないタイプ。

フェルミ推定やフレームワークなど、いわゆる「地頭力」を訓練してきた意識高い系の人にありがちなパターンです。

分類・分析・分解は得意である一方、その先の示唆やメッセージ出しが苦手で、もともとの問いに対する答えまで行き着かない場合もあります。

よく勉強してるな、とは思うんですが、要因・原因が整理されたら次に聞きたくなるのはSo What?です。すぐにそこまで行き着かない場合でも、「30秒だけ時間を下さい」などで一旦時間を取り、考えた結果を話してくれればいいのに、とも。

一番よく効く質問:「で、今の話の結論・主張ポイントなんですか?」

視点が固定or視野が狭い人

今の自分の得意分野に固執しており、その応用・転用ができない。

転じて、自分の可能性を広げようというマインドに乏しいタイプ。研究や勉強に力をつぎ込んできた修士、博士にありがちなパターンです。

ぼくも修士卒なので、現役生より2年多く費やしてきた研究生活で培ってきたものを活かしたい気持ちはわかります。

しかし、そもそも手持ちの知見を活かすのは仕事をする上では当たり前。それを抽象化して応用したり、他と組み合わせて新しいアイデアを創造したりと、その先を考えられるかor考えるマインドがあるか?という点こそ重要です。

一番よく効く質問:「で、それをXXに応用するとしたらどう使いますか?」

仮説思考に飛び込めない人

正解のある問題には強いが、正解のない課題に出くわすと思考がストップ&萎縮してしまい、知りうる知識に基づく仮説すら出すのも怖がってしまうタイプ。

いわゆる「お勉強」ができる人にありがちなパターンです。「正しいこと」「Provenであること」に個室し、仮にでも前提を設定しその先の議論ができません。

何がまずいかというと、コンサルは正解のない課題ばかり解かされるわけです。しかもクライアントが優秀な社内人材を使っても解けなかった難しいものばかり。今すぐにでも仮説思考ができろ、とは言いませんが、せめてそこに飛び込む勇気や気概は備えておいてほしいところです。

一番よく効く質問:「日本が世界経済から隔絶されたらどうなると思いますか?(など、ぶっ飛んだ質問)」

何が言いたいのかわからない人

言葉は流暢に出てくるものの、話が整理されておらずストーリーや結論がわからない。いわゆるプレゼン能力に難ありなタイプ。

バイトにしろサークルにしろ、これまで主に一人で事を成してきた人にありがちなパターンです。考えたことを全部言おうとして、まとまらず失敗するのもこの部類です。

コンサルに限らず、仕事のほとんどはチームプレイであり人を動かしてなんぼ。明確にものごとを伝えられることはその前提条件です

結論から話し、その理由は3つ・・・といったお作法を使なりして、考えたことの中で何が重要なのか、伝えたい・伝えるべきことは何か、話し出す前に頭の中で整理できていてほしいところ。

一番良く効く質問:「では今の話を10秒にまとめてもらえますか?30秒で話すとしたらどう話しますか?」

質疑のキャッチボールが不得手な人

平易な言葉で簡単な質問をしても、その意図を正しく理解していただけず、斜め上の答えを返してしまう。オリジナリティや天才肌という感じな人にありがち。

問いに答えた上でプラスアルファでなくはじめからプラスアルファだけ答えてしまう、結論だけ言ってそこに至るストーリーをすっ飛ばしてしまうのもこのパターン。

ものごとを前に進めるためには、お互いの理解を深めるコミュニケーションが必要です。自分の考えを自分の思考に沿ってアウトプットするのではなく、相手が知りたいことは何なのかを正しく理解し、相手が理解できるように答えること。そのうえで、互いの認識を確認しながら楔を打つようなコミュニケーションが取れないと、人を動かすことが仕事のコンサルタントは務まりません。

一番よく効く質問:「で、ぼくの質問に対する答えはなんですか?」

これらは訓練で乗り越えられます

さて、これらの特徴はいずれも練習・訓練をすれば乗り越えられるものです。生まれ持ったものではなく、後天的に身につけることが可能なスキルやマインドです。

したがって、今の自分がこれらに当てはまるからといってコンサルタントへの道を諦める必要な全くありません。むしろこれらを鑑に自分の状態をセルフチェックし、足りない部分がないかを検証し、積極果敢にチャレンジしていただきたい。

まとめ:ご応募お待ちしています

以上、外資コンサルの現役面接官が不採用にした人の特徴まとめでした。

外資系コンサルティングファームへの就職を目指している方がいましたら、ぜひこれらの点を参考にしていただき、採用に応募いただければと思います。

今回は以上です。

 

最後におまけです。ぼくが面接される側=就活生のときに読んだ本です。古いですが名著ですので、お役に立つかと思います。

スポンサーリンク