NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

はてなブログが強制的に限定公開に。運営からの連絡から公開再開までの道のり

ブログ ブログ-運営
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

限定解除

こんにちは、NAEです。

はてな運営より、下記記事に規約に抵触する記載があるという旨の指摘があり、修正が確認できるまでの措置としてブログが強制的に限定公開状態となっておりました。

www.naenote.net

本日16時過ぎ、はてな運営より公開再開のお許しをいただきました。読者のみなさま、特にあとで読むために上記記事をブックマークいただいたみなさまにはご迷惑をおかけしました。。。

再開までの日数、丸3日。その間の道のりとは。そして今後のために覚えておくべきことは。

今回はそんなお話。

強制的に限定公開にされた原因

この記事、実はNaeNote始まって以来初のプチバズ状態でした。ブックマークがどんどん集まり、アクセス数もうなぎのぼり。

Google Analyticsのリアルタイムユーザ数をPCの端っこ映しながらちょっとニヤニヤしていたら・・・

公開して2時間後、ぱったりアクセスがなくなりました。

なにが起こった?別に何もしてないよね。せっかくバズってるのになんだこれ。邪魔するのは誰だ!クッソこのやろう!空気読め!とっちめるぞこら!

と、ここで一通のメールが。

はてな運営「規約に抵触する記載がありましたので、ブログを一時的に限定公開としました」

・・・とっちめられたのはぼくの方でした。

公開再開までの道のり

運営側からの指示は「規約に抵触する記載の削除」。

悪いことをしたのは自分、とわかっていつつ、一刻も早くブログを元の状態に戻したい。ここは素直に言うことを聞くべきでしょう。

すみやかに当該部分を削除のうえ、運営へ返信しました。運営からの連絡から2時間後のこと。

早ければ当日中、遅くとも1日後には復旧できると思っていました。

でも甘かった。はてなサポートはどうやら忙しいそうで、メール1往復するのに足かけ2日はかかりました。

この間に、事態を察していただいた方も。

そこまで復旧まで長くかかるなら、、、とBloggerへの移行も検討しました。

でも結局はてなブログが一番という結論に。

さて、そうこうしているうちに運営から返信が。

というわけで再度記事を修正し、運営に返信してさらに1日。今日になってようやく記事の修正を確認いただき、再公開となりました。

限定公開措置から再開まであしかけ3日かかったことになります。

運営サイドへ即レスを期待してはいけない

はてなサポート窓口の営業時間は平日10-19時、連絡手段はメールのみ。おそらく限られた人数で回しており、問い合わせや返信を来た順に処理しているものと思われます。

そのため、即レスなんて期待してはいけません。メールを送ったら2~3日はかかると思っている方が健全です。期待し過ぎるとぼくみたいにイライラして偏頭痛を起こすなど嫌なことが起きる可能性があります。

まとめ:規約は読もう!守ろう!

規約は規約。守るベきルールです。知らなかったでは済まされません。今回のぼくの場合は記事修正という対応のみで済みましたが、場合によっては一発レッドカードもありえます

いま一度、はてなブログをはじめとしたはてなの利用規約(特に禁止事項)はきちんと理解しておきましょう!

やりたいことができない(ブログ書けない)ことのストレス、結構ハンパじゃなかったです。

今回は以上です。

スポンサーリンク